持続可能な原材料調達の取り組み

基本的な考え方

森永製菓グループは「森永製菓グループ調達方針」を策定し、お取引先様との公平・公正・透明な関係を築き、連携して社会・環境に配慮した調達活動を行うことによって、持続可能な社会の実現に貢献することを目指しています。

森永製菓グループ調達方針

森永製菓グループは、食の安全・安心と持続可能な社会の実現のため、お取引先様との公平・公正な関係を構築し、社会・環境に配慮した調達活動に取り組みます。

1.コンプライアンス・社会規範等の順守
法令、社会規範等を順守し、森永製菓グループ行動憲章に則り、健全な調達活動を行います。
2.品質・安全性の確保
お客様の安全・安心を最優先とし、品質の確保に努めた調達活動を行います。
3. パートナーシップの強化
お取引先様と「顧客感動」「お客様重視」を共通目的として協働し、相互に発展できる関係性を築きます。
4. 公平・公正な取引
品質、価格、納期、技術力、および社会や環境面への取り組みを総合的に勘案し、公平・公正な取引に努めます。
5. 人権・労働環境・安全への配慮
「森永製菓グループ人権方針」を踏まえ、人権・労働環境・安全に配慮した調達活動を行います。
6. 地球環境への配慮
「森永製菓グループ環境方針」を踏まえ、地球環境に配慮し、持続可能な社会の実現に向けた調達活動を行います。

(2018年5月制定)

サプライチェーンマネジメント体制

森永製菓グループでは、持続可能な原材料調達に向けて、森永製菓が主体となって2018年5月に調達方針を策定しました。その方針に基づいて、主幹部署である調達部、マーケティング本部、サステナブル経営推進部が、企画立案や目標設定、及びグループ各社の活動の評価を行っています。

持続可能な原材料調達における中期目標設定

2020年10月、「食」を通じた持続可能な社会の実現に貢献するため、「カカオ豆」「パーム油」「紙(製品の包材)」の持続可能な原材料の調達比率100%を目指す中期目標を設定しました。

持続可能な原材料調達 中期目標