ご挨拶

おいしく、たのしく、すこやかに

私たちは、『食』を通して、価値と感動をお届けできる企業を目指します。

森永製菓は、1899(明治32)年、創業者・森永太一郎が「日本の人々に栄養価のあるおいしい西洋菓子を届けたい」という夢を抱いて創業してから今日まで、その夢とパイオニアスピリットを “おいしく、たのしく、すこやかに” の企業理念とともに受け継いでまいりました。

私たちは、森永製菓の商品・サービスをとおして、お客様に新しい「価値」と「感動」をお届けすることをミッションとしています。創業120周年を迎え、ベースとなる菓子食品・冷菓の既存事業に加え、健康事業で市場とお客様のニーズにお応えするとともに、価値ある品質を海外にも展開しています。同時に次世代育成、地球環境・社会に配慮した企業活動により、持続可能な社会の実現をめざしています。

子どもたちの笑顔が世界中に広がるようにとの願いをエンゼルに込め、「世界の子どもたちに貢献できる企業になる」という夢の実現に向けて、森永製菓はこれからも挑戦しつづけます。