ご挨拶

おいしく、たのしく、すこやかに

森永製菓グループは、世の中が求める価値を提供し続け、
永続的な企業となるために着実に成⻑していきます。

森永製菓は1899年に菓子製造業として創業し、2020年に創業121年目を迎えます。120年を超える歴史の中で、たくさんのチャレンジをしてまいりました。

当社は、1800年代後半の栄養が満たされた状態ではなく⻄洋菓子文化もなかった日本に、おいしくて栄養価の高い⻄洋菓子を提供したいという創業者・森永太一郎による社会課題の解決に向けたチャレンジからスタートしております。携帯型のミルクキャラメル発売や、日本で初めてのカカオ豆からのチョコレート一貫製造など、様々なチャレンジにより、日本の皆様の記憶に残る多種多様な商品を提供し続けてまいりました。この120年間の積み重ねによる、社会・お客様からの信頼が森永製菓の強みの一つです。

これからも創業の精神を継承しながら、その時代の変化をしっかりと見て、ステークホルダーの皆様のご期待に応え続けていきます。また、多様な従業員一人ひとりの活躍と、知識や能力との掛け合わせによりイノベーションを起こし、新しい価値を生み出し続けていきます。そうしてお客様に選ばれ続け、ステークホルダーの皆様の信頼を得ていくことが、永続的な企業としての着実な成⻑につながると考え、推進してまいります。

今後とも、森永製菓グループへの変わらぬご支援とご指導を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。