CSRサプライチェーンマネジメントの推進

基本的な考え方

サプライチェーンにおいて、人権・労働問題や環境問題に加担することがないように、原材料サプライヤーの皆様とともに取り組みを進めていきます。
当社グループでは、2021年6月に「サプライヤーガイドライン」を策定しました。

お取引先様へ共有し、準拠した活動をお願いするとともに、定期的にアンケート等によるモニタリングを実施し、当ガイドラインに適合しない事例が確認された場合は、改善・解決に向けて取り組みを行います。
お取引先様との公平・公正で透明性の高い関係構築を基盤として、社会・環境に配慮した調達活動を推進していきます。また、今後進捗については、HP等でお伝えしていく予定です。

CSRサプライチェーンマネジメント:長期目標

2030年目標

原材料取引額構成比80%以上に実施

  1. グループ連結

持続可能なバリューチェーンの実現

関連情報