森永製菓グループ 創業の精神と120年の歩み

「日本の人々に栄養価の高いおいしい西洋菓子を届けたい」。森永製菓は、この創業者の強い想いからスタートしました。明治後期、西洋菓子製造のノウハウがなかった日本で、創業者・森永太一郎は前例なきものに「挑戦」する精神、パイオニアスピリットを胸に抱き、粘り強く取り組みました。この精神は今も森永製菓グループの成長の源泉です。

森永製菓グループ 創業の精神と120年の歩みのレポートの見開き画像

  • 上記の画像をクリックするとPDFファイルが開きます