ステークホルダーエンゲージメント

基本的な考え方

森永製菓グループは、さまざまなステークホルダーとのコミュニケーションを通じて、いただいたご意見やご期待を経営層へフィードバックし、経営及び企業活動へ生かしていくステークホルダーエンゲージメントを重視しています。
積極的なコミュニケーションを継続的に行い、持続可能な社会の実現に貢献できるよう取り組んでいます。

森永製菓グループのステークホルダー

森永製菓グループを取り巻くステークホルダーとして、お客様、従業員、取引先、株主・投資家、地域社会、地球環境の6つを特定しています。

森永製菓グループのステークホルダーイメージ

お客様

社会からの主な期待・要請:食の安全・安心、コンプライアンス(法令順守)、お客様サービスの充実、地球温暖化等の環境への対応。森永製菓グループの主な対応:各種お申し出やご意見・お問い合わせの受付、ご意見に基づいた改善、コンプライアンス、環境対応等の情報開示。エンゲージメントやコミュニケーション機会の一例:お客様相談室、ホームページでのQ&A、お客様の声活用事例、「Yahoo!知恵袋」企業公式アカウント、ステークホルダーアンケートの実施(2017年度)。

従業員

社会からの主な期待・要請:働きやすい職場環境づくり、ダイバーシティ推進、労働安全衛生。森永製菓グループの主な対応:人権方針の策定、健康経営推進、従業員の能力開発、、働き方改革への取り組み、労働安全の推進、ハラスメント等の撲滅。エンゲージメントやコミュニケーション機会の一例:ワークスタイル変革、出産・育児・介護支援制度の充実、各種研修の実施、従業員意識調査の実施、ステークホルダーアンケートの実施(2017年度)。

取引先

社会からの主な期待・要請食の安全・安心、公平・公正な取引、人権・労働環境・安全への配慮:調達方針の策定、人権方針の策定、サステナブル調達の計画立案、お取引先様とのパートナーシップの強化。森永製菓グループの主な対応:。エンゲージメントやコミュニケーション機会の一例:◦原料産地でのコミュニケーション、森永製菓グループ調達方針のお取引先向け説明会、ステークホルダーアンケートの実施(2017年度)。

株主・投資家

社会からの主な期待・要請:企業価値の維持・向上、適正な株主還元、適時・適切な情報開示。森永製菓グループの主な対応:適時適切なコミュニケーション、タイムリーな経営情報の提供、投資家と経営層のエンゲージメント。エンゲージメントやコミュニケーション機会の一例:株主総会、決算説明会における経営戦略説明、経営層によるIRミーティングの実施、証券アナリスト、機関投資家向け工場見学会。株主アンケートの実施、IRサイト(日・英)における情報拡充。

地域社会

社会からの主な期待・要請:次世代育成、地域社会とのかかわり。森永製菓グループの主な対応:子どもたちへ食育体験・自然体験・スポーツ体験の提供、地域社会とのコミュニケーション。エンゲージメントやコミュニケーション機会の一例:出張授業、伊賀・エンゼルの森のようちえん、チャレンジ!サイコー冒険隊、おっとっと体操、地域清掃活動への参加。

地球環境

社会からの主な期待・要請:環境課題解決への貢献。森永製菓グループの主な対応:環境方針の改定、事業活動における環境負荷低減、環境課題の事業戦略への反映。エンゲージメントやコミュニケーション機会の一例:環境に配慮した商品開発、CO2の削減、廃棄物排出量の削減・リサイクル促進、生物多様性への取り組み、環境保全コスト・効果の把握。

Topics:
株主・投資家のみなさまとのコミュニケーション

株主・投資家・証券アナリストのみなさまに当社事業への理解をよりいっそう深めていただくために、定時株主総会を年1回、決算説明会を年2回開催するほか、さまざまなコミュニケーションの場を設けています。
2019年度は、米国、英国でのIRミーティング、太田社長による個別ミーティング、セルサイドアナリスト向けのスモールミーティングの実施や、最新の適時開示等、当社IRに関する情報を株主、投資家のみなさまへ提供するIRメール配信サービスを開始しました。
また、企業と投資家等を結ぶコミュニケーションの場を提供するために環境省が行っている実証事業「環境情報開示基盤(ESG対話プラットフォーム)」に参加しました。環境報告(2019年3月期)には、CDP気候変動質問書2019への回答内容を反映し、より詳細な情報開示を行っています。

IR情報