低炭素社会の実現

省エネルギーの推進及びエネルギー使用の見える化等、カーボンマネジメントを実施し、主たる温室効果ガスであるCO2の排出量を削減することで、低炭素社会の実現を目指し、地球温暖化防止に向けて取り組んでいます。

CO2排出量削減の取り組み

目標 工場部門からのCO<sub>2</sub>排出量を2020年度末までに2005年度比15%削減する。

工場部門では省エネルギータイプの設備導入や設備保全をとおしてのエネルギーロス削減等によって省エネルギー推進を図り、主たる温室効果ガスであるCO2の排出量削減に取り組んでいます。

2017年度の実績

森永製菓4工場、生産関係会社5社の2017年度のCO2排出量は56,745t-CO2、製造量原単位は0.48t-CO2/tとなり、2005年度比で19.9%の排出量を削減できました。また、2016年度比では、排出量は0.5%の減少、製造量原単位は4.3%の減少となります。

CO<sub>2</sub>排出量と製造量原単位の推移

CO2排出量比率

全体的なCO2排出量実績を把握し、見える化を推進することで排出量削減に取り組んでいます。
森永製菓4工場、生産関係会社5社からの2017年度CO2排出量は、全体の78%を占めています。

CO<sub>2</sub>排出量比率

省エネルギーへの取り組み

エアーコンプレッサーの集約・合理化

小山工場では高効率の新型エアーコンプレッサーへの更新を進め、集中管理を図りました。また、使用量の「見える化」により、適切な運転管理を行い、省エネルギーに取り組んでいます。

小山工場 エアーコンプレッサーの集約・合理化

物流工程における主な取り組み

森永製菓では物流の効率化と環境対策の観点から、同業他社との連携による共同輸配送に取り組んでいます。共同輸配送による積載率の向上は、輸配送車両の削減となり、大気汚染物質の排出量削減につながります。
省エネルギー法での特定荷主として、「輸配送時のCO2排出量」の算出・把握を行っており、2017年度は12,904t-CO2の排出がありました。