環境会計

森永製菓では環境会計を、環境に関する方針・目的・目標の達成度合いを判断する指標として、さらには、環境パフォーマンスの向上のためのツールとして有効に活用しています。

2017年度集計結果

対象期間:2017年4月1日~2018年3月31日

環境保全コスト(単位:千円)

分類 主な取り組みの内容 投資額 費用額
生産・サービス活動により事業エリア内に生じる環境負荷を抑制するためのコスト(事業エリア内コスト) 48,213 242,211
内訳 公害防止コスト 排水処理設備各装置更新
公害対策
840 140,712
地球環境保全コスト 省エネ対策 47,103 7,105
資源循環コスト 廃プラスチック減容機等設置
廃棄物リサイクル費
270 94,394
生産・サービス活動に伴って上流又は下流で生じる環境負荷を抑制するためのコスト(上下流コスト) 容器包装再商品化委託費用
容器包装関連団体負担金
0 170,680
管理活動における環境保全コスト(管理活動コスト) 蒸気・電力メーター取付
ISO14001運用費用
0 25,070
社会活動における環境保全コスト(社会活動コスト) 工場周辺・構内清掃
CSR報告書発行費用
0 38,590
環境損傷に対応するコスト(環境損傷コスト) 汚染負荷量賦課金 0 286
合計 48,213 476,838

環境効果

環境保全効果(対前年度削減量)
環境負荷項目 総量(t) 原単位(t/t)
CO2排出量 ▲225 0.02
水使用量 ▲76,121 ▲1.00
廃棄物排出量 ▲270 ▲0.002
環境保全対策に伴う経済効果(単位:千円)
効果の内容 総額 原単位
廃棄物再資源化による有価物の売却益 5,257
エネルギー費用対前年度削減額 ▲111,361 ▲1.34
廃棄物処理費用対前年度削減額 ▲48,158 ▲0.84
合計 ▲ 154,262
  • 原単位とは製造重量あたりのCO2排出量、水使用量、廃棄物排出量のことをいいます。

補足:▲は前年度に比べて増加していることを表しています。増加・減少の主な原因は以下のとおりです。

  • 設備改善や効率的稼働の見直しにより、エネルギーの使用量を削減。
  • 品質第一で不良品を発生させない考え方により、廃棄物発生を抑制し分別の徹底による廃棄物有価物化を推進。

集計方法

  • 集計範囲は森永製菓株式会社4工場、一部本社を含むとしています。
  • 環境保全コスト及び効果の把握にあたっては、環境省「環境会計ガイドライン」も考慮し、把握、集計のための基準「環境会計集計要領」を作成し、これに基づいて、集計を行いました。
  • 環境保全コストには設備投資の減価償却費は含んでいません。
  • 研究開発コストの集計は実施していません。

今後も、増加原因となりうる要因につき十分な検討を行い、削減に向けた取り組みを推進します。