• トップ
  • ニュースリリース
  • チョコレート「小枝」をリニューアル バリーカレボー社より提供されるサステナブルカカオ原料 「ココアホライズン認証カカオ」 使用開始 包装材料は環境配慮型の素材に変更

ニュースリリース

チョコレート「小枝」をリニューアル
バリーカレボー社より提供されるサステナブルカカオ原料
「ココアホライズン認証カカオ」 使用開始
包装材料は環境配慮型の素材に変更

印刷

2020年09月03日

商品・キャンペーン

森永製菓株式会社(東京都港区芝、代表取締役社長・太田 栄二郎)は、ロングセラーチョコレートブランド「小枝」でバリーカレボー社より提供されるサステナブルカカオ原料である「ココアホライズン認証カカオ」の使用を開始、また包装材料を環境に配慮した素材中心に変更しリニューアルいたします。同時に、新商品「小枝<メープル>」を9月23日(水)に発売いたします。
加えて「小枝」は、森永製菓が2008年に開始したカカオ生産国の子どもたちを支援する取り組み「1チョコ for 1スマイル※1」キャンペーン対象商品です。
森永製菓では「小枝」を皮切りとして、今後も商品におけるサステナビリティの推進に取り組んでまいります。

■「小枝」シリーズ サステナビリティの取り組み

【小枝<ミルク>カカオ原料の100%で「ココアホライズン」認証カカオを使用】
 「ココアホライズン」とは、自然と子供たちを守る自立的なコミュニティを創造することによって、カカオ農家の繁栄を促進するというビジョンを持つNPOである「ココアホライズン財団」によって運営されている非営利のプログラムです。
「ココアホライズン財団」の認証基準を満たすカカオ原料を使用することにより、カカオ農家の繁栄、森林伐採及びCO2排出量の削減、児童労働の撲滅に貢献することができます。
 
【材料】
・商品パッケージ紙原料は「FSC®認証※2紙」を使用。 FSC®️ N003064
・個包装フィルムの一部に、「バイオマスプラスチックフィルム」を使用。
「バイオマスプラスチックフィルム」は原料の一部を植物由来の原料に置き換えたもので、製品ライフサイクル全体でCO2排出量の 削減ができます。
 

■商品特長:新商品「小枝<メープル味>」
・ホワイトチョコレートに、メープルシュガーパウダー使用。ラングドシャーが隠し味の優しい味わい。
・メープルシロップの瓶とメープルの葉をデザインにあしらい、味わいを分かりやすく表現。
 

※1 「1チョコ for 1スマイル」とは、商品の売上の一部でガーナなどカカオ生産国における子どもたちの教育支援、およびカカオ農家の自立支援を行う取り組みです。年間を通して行う寄付に加えて、9月3日(木)から始まる特別期間では対象商品の売上1個につき1円を寄付する特別キャンペーンを実施しています。
詳しくはこちらhttps://www.morinaga.co.jp/1choco-1smile/
※2 責任ある森林管理をされた森林及びその他の管理された供給源からの原材料から作られた製品に対する国際森林認証制度です。 認証された森林資源を使用していることを FSC ® Forest Stewardship Council ® 森林管理協議会) の基準で第三者機関が 審査・認証したもの に発行されます。
 

詳しくはPDFをご覧ください。

ニュースリリース一覧へ戻る