• トップ
  • ニュースリリース
  • 賞味期限「年月」表示化の取り組み開始 「おっとっと」「小麦胚芽のクラッカー」「エンゼルパイ」 「おいしいコラーゲンドリンク」等 「年月」表示へ順次切り替えフードロス削減へ

ニュースリリース

賞味期限「年月」表示化の取り組み開始
「おっとっと」「小麦胚芽のクラッカー」「エンゼルパイ」
「おいしいコラーゲンドリンク」等
「年月」表示へ順次切り替えフードロス削減へ

印刷

2019年12月10日

企業

森永製菓株式会社(東京都港区芝 代表取締役社長・太田 栄二郎)は、「おっとっと」や「小麦胚芽のクラッカー」「エンゼルパイ(ミニ含む)」など一部商品について賞味期限表示を「年月日表示」から「年月表示」に変更いたします。

森永製菓グループでは「おいしく、たのしく、すこやかに」というビジョンのもと、「食」を通じて社会課題の解決と持続可能な社会の実現を目指し、ステークホルダーと連携・協働して、CSR活動に取り組んでいます。また、「森永製菓グループ環境方針」に基づき、持続可能な循環型社会の形成を推進してまいります。フードロス削減へ、今後も賞味期限表示の見直しや賞味期間のさらなる延長の実現に継続して取り組んでまいります。
 

詳しくはPDFをご覧ください。

ニュースリリース一覧へ戻る