ニュースリリース

NO.1※ブランドの「森永甘酒」
チルド専用品「甘酒」(125ml/1000ml)登場
3月26日(火)新発売 

印刷

2019年03月20日

商品

  森永製菓株式会社(東京都港区芝、代表取締役社長・新井 徹)は、「森永甘酒」シリーズから新たにチルド専用品の「甘酒」2品を3月26日(火)より新発売いたします。

 甘酒には、酒粕のみを使用した甘酒、米麹のみを使用した甘酒、酒粕と米麹をブレンドした甘酒、のように、様々な品質があります。地域による嗜好の違いがあることも特長で、森永製菓では、1974年に缶入りの「甘酒」を発売して以来、酒粕・米麹の両方をバランスよく配合し、日本国内どの地域の方にも美味しく飲用いただけるよう、品質を作り上げてまいりました。おかげさまをもちまして、「森永甘酒」はNO.1※ブランドとしてお客様にご好評をいただいております。

 この度、近年伸長し続ける甘酒市場の中でも、チルド甘酒市場の急伸を受け、チルド専用の「甘酒」を開発いたしました。
 チルド専用品「甘酒」は、厳選された国産の酒粕と米麹(製品に使用している米原料は国産米100%)をブレンドし、酸味料、香料不使用の品質です。コクがありながらも甘さを抑えてのどごしの良いすっきり飲みやすい品質で、春先から初夏、夏本番にふさわしい冷やして飲む甘酒です。
 
 甘酒市場拡大に伴い、新たな売場として形成されたチルド売場に「森永甘酒」の強味である酒粕と米麹をバランスよくブレンドしたチルド専用品「甘酒」を発売し、市場の拡大を狙います。

SRI甘酒市場2017年9月~2018年8月全国累計販売金額
 

詳しくはPDFをご覧ください。

ニュースリリース一覧へ戻る