• トップ
  • ニュースリリース
  • 日本気象協会が推進する『熱中症ゼロへ』プロジェクト 公式アイテム「アイスボックス」と「甘酒」で熱中症対策を!

ニュースリリース

日本気象協会が推進する『熱中症ゼロへ』プロジェクト
公式アイテム「アイスボックス」と「甘酒」で熱中症対策を!

印刷

2015年05月12日

森永製菓株式会社(東京都港区芝、代表取締役社長・新井 徹)は、「アイスボックス<グレープフルーツ>」と「甘酒」で、日本気象協会が推進する『熱中症ゼロへ』プロジェクトに協賛し、熱中症対策の啓蒙を行ってまいります。
『熱中症ゼロへ』は、日本気象協会が全国の自治体や民間企業と協力して、いつでも、どこでも、だれでも、条件次第でかかる危険性がある熱中症について、正しい知識と対策をより多くの方に知らせ、熱中症撲滅を目的としているプロジェクトです。「アイスボックス」と「甘酒」は、その商品特長から、熱中症対策にふさわしいと考え、プロジェクトへ協賛をいたします。
 

詳しくはPDFをご覧ください。

ニュースリリース一覧へ戻る