コンプライアンス

コンプライアンス推進について

森永製菓グループは、「コンプライアンスはあらゆる事業活動において、全てに優先する課題である」との意識のもと、2001年度に「森永製菓行動憲章・行動規準」を制定しました。2008年度には「森永製菓グループ行動憲章・行動規準」に改定し、グループ共通のコンプライアンス経営体制をとっています。
また、「コンプライアンス委員会」を設置し、コンプライアンス経営の構築や推進を行っています。コンプライアンス違反等の通報及びコンプライアンスについての相談窓口として、「ヘルプライン」を設置しています。社内、労働組合、外部弁護士の3カ所で相談窓口を設けており、コンプライアンス違反の根絶に向け努めています。

森永製菓グループはコンプライアンス経営体制図

コンプライアンスの意識の向上に向けて

森永製菓グループでは、コンプライアンス風土の浸透・定着を図るため、「森永製菓グループ行動憲章・行動規準」を各事業所にてパネルで掲示するとともに、冊子やカードを全従業員に配布しています。
コンプライアンス意識の向上のため、新入社員研修、新任管理職研修等の階層別研修において、コンプライアンス研修を実施するとともに、本社・各事業所での研修を継続して実施しています。
また、毎年、国内グループ会社で働く全従業員を対象にコンプライアンスアンケートを実施し、森永製菓グループのコンプライアンス状況の把握や今後の対策に生かしています。

人権尊重

コンプライアンス研修の実施状況

2019年度、コンプライアンス委員会事務局では、以下のようなコンプライアンス研修を実施しました。

コンプライアンス研修の実施状況

このほかにも、各支店や工場等の事業所、関係会社で独自のコンプライアンス研修を行っています。