おやつカレンダー今月のレシピ

4月29日は 昭和の日

平成になって「みどりの日」に制定された昭和天皇の誕生日が、2007年から「昭和の日」になりました。激動の日々を経て復興を遂げた昭和という時代を改めて見直す日だそうです。今月はどこかなつかしい素朴な味わいの「どら焼き」の簡単な作作り方をご紹介します。広く庶民に親しまれたのは昭和になってからのどら焼きですが、その起源にはこんな説も…「弁慶が傷を手当てしてもらったお礼に小麦粉を水で溶き熱した銅鑼(どら、打楽器の一種)で丸く焼いてあんこを包んで振舞ったのが始まり」強面の弁慶が実は甘党?もし本当なら楽しいですね。

どら焼き

このページをプリントする

材料

12〜13個分

  • 卵(M)…4個
  • 砂糖…大さじ5
  • 市販のゆであずき(ツナ2号缶)…2缶
  • サラダ油…少々

調理器具

  • ボウル大(直径20㎝くらい)
  • ボウル小
  • 泡だて器
  • ゴムベラ
  • お玉
  • ホットプレートまたはフライパン大
  • フライ返し

つくり方 「お手伝いポイント」はお子様にも参加しやすい工程の目印です

  • お手伝いポイント

    1. 小さいボウルにAを入れて混ぜ合わせます。

  • 2. 大きいボウルに卵を入れて泡だて器で泡立て、ブクブク泡が立ってきたら砂糖を半分ずつ加え、白くもったりするまでさらに泡立てましょう。

  • お手伝いポイント

    3. 【2】に【1】を加えます。

  • 4. 【3】にホットケーキミックスを加え、ゴムベラでザックリ混ぜ合わせます。

  • お手伝いポイント

    5. 160℃にあたためておいたホットプレートにサラダ油を薄く引き、小さな玉じゃくしで【4】を円く流します。

  • お手伝いポイント

    6. 気泡が立ってきたらフライ返しで裏返して焼きましょう。

  • お手伝いポイント

    7. 焼けた生地にゆであずきの6分の1くらいをのせて、上からもう1枚の生地をのせてサンドします。

使用した商品

ワンポイント・アドバイス

  • ★ 粗熱がとれたらラップで包んでおくと、しっとりとしたままいただけます。

栄養価

(栄養成分:全量)

熱量 たんぱく質 脂質 炭水化物 ナトリウム(塩分)
1646.5kcal 48.5g 32.1g 287.9g 1385.5mg(3.5g)

※使用する材料により、多少異なる場合があります。

このページをプリントする