• トップ
  • ニュースリリース
  • 持続可能な社会の実現への取り組み サプライチェーン全体におけるフードロスを 2030年度までに70%削減する中期目標を設定

ニュースリリース

持続可能な社会の実現への取り組み
サプライチェーン全体におけるフードロスを
2030年度までに70%削減する中期目標を設定

印刷

2021年06月15日

企業

森永製菓株式会社(東京都港区芝 代表取締役社長・太田 栄二郎)は、サプライチェーンで発生するフードロスを2030年度までに70%削減(原単位/2019年度比)する中期目標を設定しましたのでお知らせいたします。
 
世界人口が増加する中、フードロスの削減は世界的課題となっております。中でも日本の食品廃棄物は世界的に見ても多く、2019年には「食品ロス削減推進法」が施行され、一層のフードロス削減が求められています。当社も日本の食品企業の一員としてフードロスの削減や食資源循環・有効利用に真摯に取り組むべく、中期目標を設定致しました。

詳しくはPDFをご覧ください。

ニュースリリース一覧へ戻る