• トップ
  • ニュースリリース
  • 持続可能な社会の実現への取り組み 「inゼリー」のプラスチック使用量を 2030年度までに25%削減する中期目標※1を設定

ニュースリリース

持続可能な社会の実現への取り組み
「inゼリー」のプラスチック使用量を
2030年度までに25%削減する中期目標※1を設定

印刷

2021年05月20日

CSR

  森永製菓株式会社(東京都港区芝 代表取締役社長・太田 栄二郎)は、「食」を通じた持続可能な社会の実現に貢献するため、「inゼリー」の包装材料におけるプラスチックの使用量を2030年度までに25%削減する中期目標※1(原単位/2019年度比)を設定しましたのでお知らせいたします。
※1「inゼリー」の包装材料におけるプラスチックの使用量25%削減は、バイオマスプラスチック(植物由来のプラスチック)への置換を含みます。
 
森永製菓は「食」を通じた持続可能な社会の実現をめざして、事業活動の中での社会課題の解決に向け、FSC®認証紙、バイオマスプラスチック、バイオマスインキの使用やカカオ豆、パーム油の持続可能な原材料調達に向けた取り組みを推進しています。
 
「inゼリー」はゼリー飲料のリーディングブランドであり、また当社の主力商品でもあることから、最優先でプラスチック使用量の削減に取り組みます。「inゼリー」の包装材料におけるプラスチックの使用量を2030年度までに25%削減(バイオマスプラスチックへの置換を含む、原単位/2019年度比)することを目指します。
 
これまでも「inゼリー」は、2001年のストローの形状変更によるプラスチック使用量の削減を皮切りに、パウチの薄肉化を含めて継続してプラスチック使用量の削減を行ってまいりました。直近では2020年より主要な「inゼリー」商品※2を対象にキャップ+ストロー部分のプラスチックを軽量化し、使用量を約9%削減した他、「inゼリー」全品を対象に、印刷に使用しているインキの一部をバイオマスインキ※3に変更することによる石油由来原料の削減にも取り組んでいます。
※2エネルギー、マルチビタミン(一部除く)、プロテイン、マルチミネラル、マルチビタミンカロリーゼロの5品。
※3バイオマスインキとは原料の一部に被子植物の種から抽出した植物由来成分を使用したインキです。

 
森永製菓は2030年に向けた中期目標を設定することでさらなるプラスチック使用量削減に取り組み、また、引き続きステークホルダーと連携・協働してサプライチェーン全体での持続可能な社会の実現に向けた取り組みを加速、推進してまいります。

 

ニュースリリース一覧へ戻る