• トップ
  • ニュースリリース
  • 持続可能な社会の実現への取り組み カカオ豆、パーム油、紙 持続可能な原材料の調達比率を100%へ※ 中期目標を設定

ニュースリリース

持続可能な社会の実現への取り組み
カカオ豆、パーム油、紙
持続可能な原材料の調達比率を100%へ※ 中期目標を設定

印刷

2020年10月30日

企業

  森永製菓株式会社(東京都港区芝 代表取締役社長・太田 栄二郎)は、「食」を通じた持続可能な社会の実現に貢献するため、「カカオ豆」「パーム油」「紙(製品の包材)」の持続可能な原材料の調達比率100%を目指す中期目標を設定いたしましたのでお知らせいたします。
 
  森永製菓は「食」を通じた持続可能な社会の実現をめざして、事業活動を通じた社会課題の解決に向け、これまでも、原材料の調達に関してFSC®認証紙、バイオマスプラスチック、バイオマスインキの使用やプラスチック使用量削減等の取り組みを推進しています。
  食品メーカーとしてお客様に安全・安心な商品をお届けするとともに、地球環境や社会に配慮した持続可能な原材料調達が重要課題と考え、この度、国内の森永製菓商品における中期目標を設定いたしました。
  森永製菓は、ステークホルダーと連携・協働してサプライチェーン全体で持続可能な調達に取り組んでまいります。
※国内の森永製菓商品における目標

詳しくはPDFをご覧ください。

カカオ豆

  • 2025年度までにカカオ豆を100%持続可能な原料へ
     

パーム油

  • 2023年度までにパーム油を100%持続可能な原料へ
     

  • 2022年度までに紙(製品の包材)を100%持続可能な原材料へ
     

ニュースリリース一覧へ戻る