• トップ
  • ニュースリリース
  • 【「おかしプリント」の新サービス】お菓子でコンサルティング ケース1:九州の観光地支援 西鉄とお菓子のコラボで「食べるガイドブック」 “お菓子で2倍記憶に残る” 東京大学と共同研究も発表

ニュースリリース

【「おかしプリント」の新サービス】お菓子でコンサルティング
ケース1:九州の観光地支援
西鉄とお菓子のコラボで「食べるガイドブック」
“お菓子で2倍記憶に残る” 東京大学と共同研究も発表

印刷

2020年10月19日

商品・キャンペーン

  森永製菓株式会社(東京都港区芝、代表取締役社長・太田 栄二郎)は、人気のお菓子にオリジナルのパッケージデザインができる「おかしプリント」において、企業や地域の様々な課題を“お菓子”で解決する、「おかしプリント ファンタスティックコンサルティング」のサービスを開始しました。

  ケース1の観光地支援として、九州の交通インフラを担う、西日本鉄道株式会社(福岡県福岡市、代表取締役社長執行役員・倉富 純男、以下、西鉄)とコラボレーションした「食べるガイドブック」を紹介します。度重なる自然災害や新型コロナウイルスにより大きな被害を受ける、宮崎県高千穂町・熊本県小国町の観光を支援する取り組みとして、各地の名所や魅力が描かれたお菓子をつくりました。コラボレーションしたお菓子は、西鉄のラグジュアリーバスツアーブランド『GRANDAYS(グランデイズ)』の旅の中で10月21日(水)より提供予定です。
  また、東京大学池谷教授とともに実施した共同研究により、ノベルティにおいてお菓子が雑貨より約2倍記憶に残っているという結果が明らかになりました。
 

ニュースリリース一覧へ戻る