• トップ
  • ニュースリリース
  • 表参道のプラカップゴミ問題に向けて、 日本初となるIoT活用のスマートゴミ箱「SmaGO」 10月8日(木)から運用開始!

ニュースリリース

表参道のプラカップゴミ問題に向けて、
日本初となるIoT活用のスマートゴミ箱「SmaGO」
10月8日(木)から運用開始!

印刷

2020年10月08日

CSR

森永製菓株式会社(本社:東京都港区芝、代表取締役社長:太田 栄二郎)は、商店街振興組合原宿表参道欅会(理事長:松井 誠一)、株式会社フォーステック(本社:東京都港区、代表取締役社長:竹村 陽平)が提供するスマートゴミ箱「SmaGO」(スマゴ)34台を表参道沿いの歩道に設置し、10月8日(木)から日本で初めて正式運用を開始いたします。
「SmaGO」は、IoT技術を活用したスマートゴミ箱で、上部のソーラーパネルで発電し3G回線を通じてゴミの蓄積状況をクラウド上でリアルタイムに把握できるとともに、ゴミ箱が満杯になると自動的に圧縮され約5~6倍の容量を捨てることが可能です。それにより、ゴミの収集作業を効率化でき、回収コストや、回収作業に伴うCO2削減が期待できます。ゴミ箱の動力はすべて、太陽光発電でまかなうため、電気代はゼロです。また、ゴミ箱のふたは足で踏むと開く非接触型で、ふたに触れなくてもゴミを捨てられます。

今後も森永製菓では、「おいしく、たのしく、すこやかに」というビジョンのもと、企業活動のすべての領域において社会的責任を果たすべく、様々な取り組みを行い、ステークホルダーとの良好な関係を維持・発展させ、社会との共存と持続的成長の実現のために努力してまいります。
 

詳しくはPDFをご覧ください。

ニュースリリース一覧へ戻る