• トップ
  • ニュースリリース
  • コラーゲンペプチドの継続摂取は、VAS評価法にて 抜け毛が少ない、毛が丈夫になると感じさせることが示されました

ニュースリリース

コラーゲンペプチドの継続摂取は、VAS評価法にて
抜け毛が少ない、毛が丈夫になると感じさせることが示されました

印刷

2019年10月30日

研究開発

 森永製菓株式会社(東京都港区芝、代表取締役社長・太田栄二郎)では、美容効果や健康機能に注目が集まる「コラーゲンペプチド」の研究を進めており、これまでも「肌の水分蒸散を抑制する」1)ことや「膝関節機能にかかわる普段の活動を改善する」2)ことを明らかにし、機能性の表示を届け出ております。さらに、「爪の水分蒸散を抑制する」3)ことや「骨形成の促進を助ける」4)ことについて研究成果を報告してきました。

 今回は、コラーゲンペプチドを摂取すると毛髪にどのような影響を及ぼすのかをVAS評価法にて検証しました。コラーゲンペプチド10,000mgを8週間継続摂取することで抜け毛が少なく、毛が丈夫であると感じるようになり、気分もイキイキすることが示唆されました。
 

詳しくはPDFをご覧ください。

ニュースリリース一覧へ戻る