• トップ
  • ニュースリリース
  • 甘酒の主原料である“酒粕”と“米麹”による 腸管バリア機能向上の可能性が示されました 第21回日本フードファクター学会学術集会 (2016年11月19〜20日)にて発表

ニュースリリース

甘酒の主原料である“酒粕”と“米麹”による
腸管バリア機能向上の可能性が示されました
第21回日本フードファクター学会学術集会
(2016年11月19〜20日)にて発表

印刷

2016年11月21日

この度、森永製菓では健康機能や美容効果に注目が集まる「甘酒」の主原料
“酒粕”と“米麹”の摂取が腸管バリア機能に及ぼす影響について、
東京大学大学院農学生命科学研究科および神奈川科学技術アカデミーと共同で研究を行い、
ムチン増加による腸管バリア機能向上の可能性が示唆されました。

詳しくはPDFをご覧ください。

ニュースリリース一覧へ戻る