• トップ
  • ニュースリリース
  • 発売から3年で売上約2.5倍! 「パキシエル」にハマる理由を、専門家が本気で実験! 厚さ7㎜※1の先端チョコが生み出す「食感」と 「食べた人にしか聞こえない音」がヤミつきになる秘密!? ※1 標準品質

ニュースリリース

発売から3年で売上約2.5倍!
「パキシエル」にハマる理由を、専門家が本気で実験!
厚さ7㎜※1の先端チョコが生み出す「食感」と
「食べた人にしか聞こえない音」がヤミつきになる秘密!?
※1 標準品質

印刷

2016年05月16日

森永製菓株式会社(東京都港区芝 代表取締役社長・新井徹)のチョコアイスバー「パキシエル」は、ネット上で「ハマる」「クセになる」という口コミを中心に話題が高まり、発売から3年で売上高を約2.5倍(2013年3月-2014年2月=100%として。当社調べ)に伸ばしています。
この「パキシエル」が愛される理由を探るため、五感情報工学の専門家である岡嶋克典教授(横浜国立大学大学院環境情報研究院)に協力を依頼し、「パキシエル“パキパキ”食感実験」を実施致しました。
その結果、「パキシエル」がやみつきになる原因は、そのおいしさに加えて「厚さ7mmの先端チョコ」が生み出す、「食感」と「音」にあることがわかりました。
 

詳しくはPDFをご覧ください。

ニュースリリース一覧へ戻る