• トップ
  • ニュースリリース
  • 高齢化社会に向けた取組み ココアによる排便コントロールの効果が実証されました ~第31回 日本静脈経腸栄養学会学術集会(2016年2月26日)で発表~

ニュースリリース

高齢化社会に向けた取組み
ココアによる排便コントロールの効果が実証されました
~第31回 日本静脈経腸栄養学会学術集会(2016年2月26日)で発表~

印刷

2016年02月24日

 森永製菓株式会社(東京都港区芝、代表取締役社長・新井 徹)は、1997年よりココアの機能性について積極的に研究を重ね、その一例として、寒い季節に特に有用な機能性である「冷え性抑制効果」、「抗インフルエンザウイルス効果」などについて研究を行ってまいりました。
 また、2014年2月に横浜で開催された第29回日本静脈経腸栄養学会学術集会では、多くの病院や介護施設でココアが利用されていることを報告しました。今回は、ココアが医療や看護・介護の現場で活用されている目的の一つである「ココアの飲用による排便コントロールの効果」について検証を行い、2月26日に福岡で行われる第31回日本静脈経腸栄養学会学術集会で順心リハビリテーション病院と共同で発表いたします。
 

詳しくはPDFをご覧ください。

ニュースリリース一覧へ戻る