ニュースリリース

『“酒粕”と“米麹”を使用した甘酒』の飲用で
“目の下のクマの改善”が見られました!

2015年05月12日

 森永製菓株式会社(東京都港区芝、代表取締役社長・新井 徹)は、「甘酒」の持つ健康効果に関する研究を進めており、これまでにも『甘酒が暑さからのストレスの回復を早める』ことついて、研究成果をリリース発表しております。
 
 今回は新たな取組みとして『“酒粕”と“米麹”を使用した甘酒』の美容・健康効果について、東京工科大学 前田憲寿教授(医学博士)との共同研究を行いました。
 
 40~60代の女性17名を対象に、「甘酒」と「プラセボ」をコントロールにおいた効果試験を実施しました。1ヶ月間の継続飲用の結果、「目の下のクマ」について測定装置を用いた評価で、甘酒群はプラセボ群に対して“目の下のクマの明るさの有意な改善”が認められました。また、主観的評価(VAS試験)でも甘酒群でのみ、プラセボ群では見られない飲用前後の「目の下のクマの有意な改善」が得られ、実感をともなった改善であることが分かりました。
 
 さらに、「皮膚の表面温度」においても甘酒群でのみ飲用前に比べて、飲用後には表面温度の上昇が見られ、“老廃物排泄促進”などがクマの改善に関与した可能性が示されました。
 
 他にも主観的評価(VAS試験)で「髪のつや」、「朝の目覚めの良さ」でも甘酒群でのみ有意な改善が見られました(図2)。
 
 「“酒粕”と“米麹”を使用した甘酒」を継続的に飲用することで、美容や健康に良い影響が期待できることが示唆されました。
 
 森永製菓では、今後も「甘酒」に関する研究に取り組んでまいりますので、ご期待ください。
 

ニュースリリース一覧へ戻る