おやつカレンダー今月のレシピ

5月の第二日曜日は 母の日

母の日は1913年に米国で制定され、日本でも各地の教会や婦人団体が祝うようになりました。亡き母を悼み、生前に母親を敬う機会をもっと増やそうという市民運動がそのきっかけでした。
昭和に入り戦争の足音が徐々に忍び寄り、世情が暗くなっていく中で、森永は全国にこの心あたたまる行事を広めようと「森永母を讃へる会」を作り 昭和12年5月、20万人の母親を招待して盛大な「森永母の日大会」を開催しました。新聞や雑誌に大きく取り上げられたこの催しが、日本に母の日運動を広める大きな原動力となりました。

母の日マリーのティラミス

このページをプリントする

材料

プラスチック保存容器(600ml程度・角型)2個分

  • 森永ビスケット マリー(別ウインドウで開きます)…16枚
  • <シロップ>
    • グラニュー糖…20g
    • …100ml
    • インスタントコーヒー…小さじ4
  • <ティラミス生地>
    • 卵黄(L)…3個分
    • グラニュー糖…25g
    • マスカルポーネチーズ…150g
    • 卵白(L)…3個分
    • グラニュー糖…25g
    • 森永純ココア(別ウインドウで開きます)…適量

調理器具

  • 電子レンジ対応の深めの容器
  • 泡立て器
  • 大きめのボウル…2個
  • バット
  • プラスチック保存容器
    (600ml程度・角型)…2個

つくり方 「お手伝いポイント」はお子様にも参加しやすい工程の目印です

  • <シロップを作る>

    電子レンジ対応の深めの容器にグラニュー糖、水を入れ、電子レンジ(500W)で約30秒加熱します。
    加熱し終わった容器の中にインスタントコーヒーを混ぜ、溶かしましょう。

  • <ティラミス生地を作る>

    1. ボウルに卵黄とグラニュー糖を入れて、泡立て器(ハンドミキサーでも可)で白っぽくなるまですり混ぜます。
    ボウルの底を湯せん(約60〜70℃の湯を張る)しながら、さらに泡立て器でもったりして字が書けて消えないくらいまで泡立てましょう。

  • お手伝いポイント

    2. 【1】を湯せんからはずして、マスカルポーネチーズを2回に分けて加え、混ぜます。

  • 3. 別のボウルに冷蔵室で冷やしておいた卵白を泡立て器で6分立てにしたら、グラニュー糖を加えてさらに泡立て、しっかりとしたメレンゲを作り、【2】に2回に分けて加え混ぜます。

  • お手伝いポイント

    4. マリーをバットに並べ、シロップをかけて充分に吸わせましょう。

  • お手伝いポイント

    5. プラスチック保存容器(600ml程度・角型)に【3】のティラミス生地を約1cm厚さに流し入れ、【4】のマリー4枚を平らに敷きます。さらにその上にティラミス生地、マリー、ティラミス生地の順に重ね、これを容器2個分作ります。

  • お手伝いポイント

    6. 【5】の表面に純ココアをふり、容器のふたをして冷蔵室で約1〜2時間冷やして出来上がり。

使用した商品

ワンポイント・アドバイス

  • ★ マスカルポーネチーズは、クリームチーズでも代用できます。

栄養価

(栄養成分:全量)

熱量 たんぱく質 脂質 炭水化物 ナトリウム(塩分)
1463kcal 40.0g 77.1g 148.2g 923.2mg(1.65g)
このページをプリントする