• トップ
  • ニュースリリース
  • 地域密着企画!『森永甘酒』ご当地デザイン缶 第1弾 「甘酒 東北限定デザイン」10月末 東北地方限定で発売 「うんまいんだず~」「飲んでけさいん」など各県の方言POPで販促活動実施

ニュースリリース

地域密着企画!『森永甘酒』ご当地デザイン缶 第1弾
「甘酒 東北限定デザイン」10月末 東北地方限定で発売
「うんまいんだず~」「飲んでけさいん」など各県の方言POPで販促活動実施

印刷

2021年10月25日

商品・キャンペーン

森永製菓株式会社(東京都港区芝、代表取締役社長・太田 栄二郎)は、甘酒市場のトップブランドである『森永甘酒』から、地域の名物などのイラストを缶にデザインしたご当地「甘酒」を順次発売してまいります。
第1弾として、「甘酒 東北限定デザイン」を東北地方のスーパーマーケットやドラッグストア、お土産店で10月末頃より期間限定で発売します。
東北地方は一人あたりの甘酒消費量が多い地域で、他の地域より早く甘酒の最需要期を迎えることから、東北地方より発売をスタートします。地元の方にも旅行中の方にも、その地域の魅力を森永「甘酒」とともに、より一層感じ、楽しんでいただきたいと考え企画しました。普段の飲用はもちろん、お土産にもぴったりです。
東北地方では、コロナ禍も相まって段ボールケース(30缶入り)で購入するお客様が増加していることから、購入時に楽しんでいただけるように段ボールケースも東北限定デザインにしました。さらに店頭でも、「うまいっちゃ!(岩手)」「飲んでけさいん(宮城)」など東北地方の方言を使用した都道府県別の販促POPを展開するなど売場を盛り上げてまいります。
地域限定の森永「甘酒」の発売や地域の特性に合わせた販促活動など地域密着の取り組みを強化することで、甘酒の飲用機会創出と新たな甘酒ユーザーの拡大に努めてまいります。今後も、古くから甘酒市場を支えていただいている地域を中心に、各地域の需要に合わせて、12月に九州、1月に四国など順次発売を予定しています。
 

詳しくはPDFをご覧ください。

POP例

ニュースリリース一覧へ戻る