• トップ
  • ニュースリリース
  • 国連WFP協会が主催する「世界食料デー※キャンペーン2021 ゼロハンガーチャレンジ 食品ロス×飢餓ゼロ」キャンペーンに協賛 「食品ロス削減」の取り組みで 途上国の子どもたちへ学校給食を届けます。

ニュースリリース

国連WFP協会が主催する「世界食料デー※キャンペーン2021 ゼロハンガーチャレンジ 食品ロス×飢餓ゼロ」キャンペーンに協賛
「食品ロス削減」の取り組みで
途上国の子どもたちへ学校給食を届けます。

印刷

2021年09月29日

企業

森永製菓株式会社(東京都港区芝、代表取締役社長・太田 栄二郎)は、認定NPO法人国連WFP協会が主催する「世界食料デーキャンペーン2021 ゼロハンガーチャレンジ 食品ロス×飢餓ゼロ」キャンペーンに協賛いたします。
 
国連WFP は、飢餓ゼロを目指して活動する国連唯一の食料支援機関です。また、国連WFPが使命としている「飢餓をゼロに」は、国際社会が「持続可能な開発目標SDGs」として掲げた 17 の目標の一つです。
 
「ゼロハンガーチャレンジ 食品ロス × 飢餓ゼロ」キャンペーンは、「食品ロス削減の取り組みで、途上国の子どもたちに給食を届けよう!」をコンセプトとした取り組みです。このキャンペーンではすべての人が食べられる世界「ゼロハンガー」を目指し、皆さんの「食品ロス削減」の取り組みを、飢餓に苦しむ途上国の子どもたちの学校給食支援につなげます。
 
当社では、このキャンペーン協賛に加え、キャンペーン期間中に公式SNSから「食品ロス削減」に関する情報を発信させていただく予定です。

※世界食料デーとは?・・・国連が制定した世界の食料問題について考える日。(10 月 16 日)世界の飢餓・貧困問題・栄養不良についての関心と理解を深め、解決していくことを目的とする。
 

 
 

キャンペーン実施期間

  • 2021年9月29日(水)~10月31日(日)

【参考】森永製菓でのフードロス削減への取り組み

  • 森永製菓グループでは、発生した食品廃棄物のうち、飼料化・肥料化など、食資源循環に戻すものを除き焼却・埋め立て等により処理・処分されたものなどを「フードロス」と定義し、サプライチェーン全体におけるフードロスを2030年度までに70%削減する長期目標を設定しています。生産現場でのロス削減の取り組みや、賞味期限を年月日表示から年月表示に切り替える等、サプライチェーン全体での削減に継続的に取り組んでおります。

ニュースリリース一覧へ戻る