森永製菓商品の歴史

創業からの120年間を発売商品の歴史で振り返ります。

森永太一郎がアメリカから帰国し
「森永西洋菓子製造所」設立。

  • マシマロー

    明治32年(1899) マシマロー

    またの名をエンゼルフード…すべてはここから始まった

  • キャラメル

    明治32年(1899) キャラメル

    森永からはじまったミルクキャラメル

  • チョコレートクリーム

    明治32年(1899) チョコレートクリーム

    全国に「森永」の名を知らしめたチョコレートクリーム

  • 最初のエンゼルマーク

    明治38年(1905)

    最初のエンゼルマーク

  • バナナドロップス スター フローレット

    明治41年(1908)バナナドロップス スター フローレット

    機械化が進み、大量生産が可能に

日本初のチョコレート、ココアが誕生。

  • 大正3年(1914) ミルクキャラメル ポケット用

    いつでもどこでも食べられる「携帯用キャラメル」の登場

  • 大正4年(1915)

    大正初期のマーク

  • 大正7年(1918) ミルクチョコレート ポケット用

    日本初 カカオ豆からのチョコレート一貫製造開始

  • 大正8年(1919) ミルクココア

    飲料用ココアも日本初

  • 大正9年(1920)

    大正中期期のマーク

  • 大正11年(1922) 森永ドライミルク

    国産粉乳の挑戦

  • 大正12年(1923) ビスケット

    海外育ちのビスケット、満を持して登場

「母の日」「バレンタイン」などの
イベントを定着するきっかけを作る

  • 昭和2年(1927)

    昭和初期のマーク

  • 昭和4年(1929) 森永コーヒー

    飲料が続々お目見え〜現在の食品事業の礎

  • 昭和5年(1930) マンナ

    昭和恐慌の下、子供たちに栄養あるビスケットを

  • 昭和8年(1933)

    昭和初期のマーク

  • 昭和13年(1938) チョイスビスケット

    バターの香りで不動の人気。「チョイスビスケット」誕生

  • 昭和28年(1953) フィンガーチョコレート

    一本ずつ丁寧に包まれた銀紙の包装が懐かしいチョコレート

  • 昭和31年(1956) アイスクリームバー・カップ

    アイスクリーム事業を開始。人気商品が続々登場!

  • 昭和32年(1957) ホットケーキミックス

    ロングセラー「ホットケーキミックス」の登場

  • 昭和 35 年( 1960 ) インスタントコーヒー

    国産第1号の「インスタントコーヒー」、手軽さで大ブームに

  • 昭和35年(1960) ムーンライトクッキー

    満月をかたどった、卵とバターの風味豊かなクッキー

  • 昭和36年(1961) エンゼルパイ

    ふかふかマシュマロの食べごたえで安定の人気のロングセラー商品

  • 昭和39年(1964) ハイクラウンチョコレート

    ハイセンス&ハイクオリティ〜質の時代への挑戦〜

  • 昭和 42 年( 1967 ) チョコボール

    『キョロちゃん』と『おもちゃのカンヅメ』、パッケージもキャンペーンも遊び感覚満載

  • 昭和42年(1967) エールチョコレート

    時代を映したヒットCM♪大きいことはいいことだ♪のフレーズでもおなじみ

  • 昭和42年(1967) チョコフレーク

    「ながら族」の新感覚スナック、チョコフレーク

  • 昭和44年(1969) ミルクキャラメル<ハイソフト>

    ちょっと大人の上質キャラメル

  • 昭和44年(1969) スピン(カレー・バター・チーズ)

    スナック菓子分野に進出

  • 昭和46年(1971) 小枝チョコレート

    『高原の小枝を大切に。』自然を思うキャッチコピーでも話題に

  • 昭和47年(1972) チョコベー

    『チョ~コベ~』影がぐーんと伸びるCMが子どもたちに大流行

  • 昭和47年( 1972 ) 栗<チョコレート>

    「小枝」に続く『高原』シリーズ。栗のあんをチョコで包んだ人気商品

  • 昭和47年(1972) チョコモナカ

    チョコモナカジャンボの原点

  • 昭和48年(1973) ラムネ<錠菓>

    なつかしいラムネ瓶をかたどって

  • 昭和49年(1974) 甘酒缶 200g

    酒粕・麹からできた甘酒は、体にうれしい自然食品

  • 昭和50年(1975) ハイチュウ<サック入り>

    元祖、箱入りハイチュウ!

  • 昭和52年(1977) 森のどんぐり<チョコレート>

    名前も見た目も、どんぐりそのまま?

  • 昭和53年(1978) ポテロング

    人気のフライドポテトをスナックに。ノンフライの長~いポテトスナック

  • 昭和54年(1979) アイスバーガー

    冷たいハンバーガー?いえいえ、アイスのバーガーです

  • 昭和55年(1980) ドーナッチョ

    ドーナッツの形をしたチョコレート

  • 昭和55年(1980) ぬかよろこび 103g

    ぬか床いらずの簡単ぬか漬け

  • 昭和55年(1980) チョコモナカデラックス

    「チョコモナカ」の真ん中にチョコが入って、味もサイズもデラックスに!

  • 昭和57年(1982) おっとっと

    食感、デザイン、ネーミング、楽しさあふれるロングセラーの登場

  • 昭和57年(1982) ボンソワール

    やわらかな食感の半生ケーキ

  • 昭和58年(1983) つくんこ<スナックチョコ>

    つくしの形をしたチョコスナック

  • 昭和58年(1983) パックンチョ

    東京ディズニーランドと同じ日に誕生。豊富なイラストも楽しい!

  • 昭和61年(1986)

    昭和26年から昭和61年まで使われたマーク

  • 昭和61年(1986) スプーナ<エアインチョコレート>(ミルク・ビター)

    お口の中でシュワーッと溶ける、新感覚チョコレート

  • 昭和61年(1986) クレマ<クッキー>

    クリームinクッキー!コンビネーションを楽しむ新しいお菓子

  • 昭和63年(1988) ソリッド<チョコレート>

    チョコレート発売 70 周年目に、さらなるコクと口溶けが実現

  • 昭和63年(1988) クレープ屋さん(コーヒー・ストロベリー)

    大人気のクレープを、アイスにしました!

今も愛され続ける商品が続々誕生!

  • 平成元年(1989) アイスボックス<グレープフルーツ>

    キーンと爽快!森永の定番氷菓子の誕生

  • 平成5年(1993) ダース(ミルク、ビター)

    なめらかなひと粒チョコレート

  • 平成6年(1994) inゼリー<エネルギーイン、ビタミンイン>

    いつでも、どこでも栄養チャージ
    大ヒットinゼリー誕生

  • 平成8年(1996) チョコモナカジャンボ

    デラックスよりさらにボリュームアップ。「ジャンボ」になった「チョコモナカ」

  • 平成15年(2003) カレ・ド・ショコラ

    香り、口どけ、味わいにこだわった大人のチョコレート

  • 平成15年(2003) ベイク

    森永製菓のベイクド技術で仕上げた焼きチョコ

  • 平成25年(2013) バニラモナカジャンボ

    チョコモナカジャンボの姉妹品として発売

  • 平成26年(2014) マクロビ派ビスケット

    カラダにうれしい素材にこだわったビスケット