事業案内

森永製菓は、菓子事業、食品事業、冷菓事業、ウイダー事業、ヘルスケア事業の5つの事業区分でお客様に価値と感動をお届けする企業を目指しています。

菓子事業

事業活動の中核を担う菓子事業は、「ミルクキャラメル」「森永ビスケット」「チョコボール」「ダース」「おっとっと」「ハイチュウ」などの主力ブランドを軸に、絶えず新しい食シーンを創造する取り組みを行っています。また、新ブランドの焼きチョコ「ベイク」を筆頭に森永独自の技術による新しい製法・味わいの商品づくりにも挑戦しています。
菓子事業は、家庭・職場などのコミュニケーションを豊かにする、おいしさ、たのしさの提供を続けています。

  • 商品情報を見る

食品事業

お子様からご年配の方まで幅広く愛されている「ココア」、親子・家族のコミュニケーションの場としての手作りを応援する「ホットケーキミックス」、味わい豊かな「甘酒」などを中心に、ライフスタイルや家族構成の変化に応じた新しいレシピの開発や食べ方の提案を常に発信しています。
食品事業は家庭の食卓を豊かにし、くつろぎの時間を演出するとともに、手作りを通じたコミュニケーションの輪を広げる取り組みに力を入れています。

  • 商品情報を見る

冷菓事業

業界トップクラス商品である「チョコモナカジャンボ」、独自の技術をベースとした「アイスボックス」、森永製菓らしさを追求した主力商品の数々、また菓子事業分野を有しているからこその強みを活かした新商品など、それぞれの商品をとおしてお客様へ価値と感動(驚き)を提供しています。冷菓事業は価値の創造に日々挑戦し、そして進化をし続けます。

  • 商品情報を見る

ウイダー事業

ウイダー事業は1983年にスポーツ科学の先駆者「米国・ウイダー社」と事業提携して以来、正しい体づくりの理論に基づき、人々のすこやかな毎日を力強くサポートしています。過酷な状況を乗り越えなければならないアスリートの身体能力・精神力をトレーニング・栄養指導、サプリメントの開発で支え、そこで得たノウハウを、不規則な生活、ストレスなどにさらされがちな日常生活を送るすべての人々に向けてもアレンジし展開しています。

  • 商品情報を見る
  • ウイダーブランドサイト

ヘルスケア事業

お客様にとってよりよい健康補助食品をお届けすることを目的として、高齢化社会やストレス社会を背景に、美容、生活、医療分野で独自性のある健康関連商品の研究・開発・育成を目指しています。
ヘルスケア事業では生活習慣病予防やアンチエイジングなどの分野で機能性の研究を行い、開発された健康補助食品を「天使の健康」ブランドとして通信販売チャネルで展開し、お客様のすこやかさに貢献しています。

  • 商品情報を見る
  • パセノールについての研究成果を見る

PAGE TOP