平成(1989〜)

1989平成元年
アイスボックス発売。
1991平成3年
エンゼル財団設立。
1993平成5年
ソリッドダース発売。
1994平成6年
ウイダーinゼリー発売。

初登場!スパウト付きゼリー飲料

1994(平成6)年、スパウト付きゼリー飲料「ウイダーinゼリー」を発売。今ではすっかり定着したその飲料スタイルも「ウイダーinゼリー」の新しい提案からスタートしました。

1999平成11年
  • 森永創業100周年を迎える。
  • 第1回 リトルエンゼル無人島探検隊実施。
2000平成12年
全工場が ISO14001 取得完了。

全工場が ISO14001 取得

1998(平成10)年、小山工場が日本の菓子業界で初めて、国際基準を満たす環境マネジメントを実践している工場としてISO14001の認証を取得。業界のさきがけとなりました。さらに2000年には全工場が認証を取得しました。

2003平成15年
カレ・ド・ショコラ発売。

焼きチョコ「ベイク」誕生

焼きチョコ「ベイク」は、森永製菓独自の技術で生まれました。焼くことによって「独自の食感」と「濃厚なチョコ感」を実現。夏でも溶けないチョコレートとして、新たな市場を確立しました。このチョコレートを焼く技術は複数の特許を取得しています。

2004平成16年
中国でハイチュウ販売開始。
2007平成19年
バリーカレボー社と業務提携。
2008平成20年
  • ウイダー事業本部設立。
  • ヘルスケア事業部設立。
2010平成22年
生ラムネ発売。
2013平成25年
森永チョコレート(1チョコ for 1スマイル)発売。

支援地区で収穫したカカオを使ったチョコレートを発売

業界初の試みとして、支援を行っているガーナの特定地区で収穫されたカカオを原料の一部に使用した「森永チョコレート〈1チョコ for 1スマイル〉」「ダース〈ミルク〉」を発売。お客様と一緒に笑顔をつくる支援の循環が実現しました。

2013平成25年
バニラモナカジャンボ発売。
2014平成26年
マクロビ派ビスケット コンビニ限定発売

マクロビ派ビスケット コンビニ限定発売

「マクロビ派ビスケット」は、健康美容志向が高く、日々の食事にもこだわる方々に向けて『マクロビオティック』の考え方に基づき、白砂糖やバターやマーガリンを使用せず、マクロビ素材を詰め込んで開発しました。

2014平成26年
ハイクラウン50周年限定ショップオープン

ハイクラウン50周年限定ショップオープン

1964年に発売した「森永ハイクラウンチョコレート(以下、ハイクラウン)」の発売50周年を記念して、森永製菓のチョコレートに対するこだわりを形にしたコンセプトショップを期間限定でオープンしました。創業以来、さまざまな工夫と努力を重ね、時代の先端をいくチョコレートを提案・提供している森永製菓のルーツである「ハイクラウン」にフォーカスしチョコレートに寄せる熱き思いを商品にしました。

2015平成27年
イースターの取り組み

イースターの取り組み

新しい春のイベント「イースター」を盛り上げるべく、イースター関連商品を一斉発売。

2015平成27年
ハイチュウ40周年 驚愕のハイチュウ、謹製ハイチュウ限定発売
2016平成28年
おかしプリントサービススタート

おかしプリントサービススタート

『スマートフォン(やデジタルカメラ)でとった写真』や『スマートフォンアプリで加工した画像』を利用して、オリジナルのパッケージを作ってお客様が購入できるWebサービス「おかしプリント」を開始しました。

2016平成28年
ハラルハイチュウ海外限定発売

ハラルハイチュウ海外限定発売

ハラル認証を取得した「HI-CHEW GRAPE」、「HI-CHEW STRAWBERRY」をインドネシアで製造し、インドネシア及びイスラム圏へ向けて、4月から製造販売を開始しました。