おいしいコラーゲンドリンク<レモン味>
  • おいしいコラーゲンドリンク<レモン味>1
  • おいしいコラーゲンドリンク<レモン味>2
  • おいしいコラーゲンドリンク<レモン味>3

おいしいコラーゲンドリンク<レモン味>

「おいしいコラーゲンドリンク」は、「肌」「ひざ関節」「骨」への機能性が表示されたコラーゲンペプチドを10,000mg含有したコラーゲンドリンクです。

※1回のお届け合計金額が7,560円(税込)以上で送料無料

定期お届け便

  • 10%OFF

4,860円(税込)+ 別途送料330円(税込)

1回のみのお届け

5,400円(税込)+ 別途送料660円(税込)

数量

商品のこだわり

コラーゲンドリンク6年連続売上No1、コラーゲン売上No1、美容ドリンク売上No1、累計販売本数3億本突破

おいしいコラーゲンドリンクのこだわり

「おいしいコラーゲンドリンク」は、「肌」「ひざ関節」「骨」の機能性が表示されたコラーゲンペプチドを10,000mg含有したコラーゲンドリンクです。

コラーゲンペプチドを摂り続けることで、肌の乾燥が気になる方の肌の水分量を保持し保湿力を高め、膝関節の違和感で制限される普段の活動をサポートします。また、加齢による肌の乾燥が気になる方の肌の弾力を維持し肌の健康に役立ち、骨をつくるはたらきをサポートします。

こんな方にオススメ
  • 肌の乾燥が気になる方

    肌の乾燥が
    気になる方

  • ひざ関節の違和感が気になる方

    ひざ関節の違和感が
    気になる方

  • 骨の健康が気になる方

    骨の健康が
    気になる方

  • コラーゲンの臭みが苦手な方

    コラーゲンの
    臭みが苦手な方

  • 手軽にコラーゲンを摂りたい方

    手軽に
    コラーゲンを
    摂りたい方

コラーゲンペプチド10,000mg含有

私たちの体は主にたんぱく質からできていて、その約3分の1を占めるのが「コラーゲン」です。コラーゲンは、肌の71.4%(※1)、関節軟骨の60%(※2)、骨の50%(※3)を構成しています。重要な成分であるコラーゲンですが、年齢を重ねるにつれて、コラーゲン量は減少していきます。さらに、コラーゲンの質も低下していくため、継続して補うことが大切です。

  • 1 コラーゲンとゼラチンの科学(建帛社)より一部改編、乾燥重量比
  • 2 田中栄:グルコサミン研究, 4, 92(2008)乾燥重量比、構成成分の中央値を用いて水以外の成分を100%として算出
  • 3 コラーゲン完全バイブル(幻冬舎)体積比

森永製菓の「おいしいコラーゲンドリンク」は1日1本でコラーゲン10,000mgを摂取することができます。コラーゲン配合のドリンクの中でもトップクラスの含有量です。さらに、消化・吸収されやすい低分子化した「コラーゲンペプチド」を採用しています。

「コラーゲンペプチド」とは、コラーゲンを加水分解して、分子を小さくし、体内で吸収しやすくした高純度のたんぱく質源です。

コラーゲンペプチドとゼラチンの違い

コラーゲンの構造をミクロにみると、らせん状の細長い鎖が3本より合わさって、三つ編みのような形になっています。コラーゲンに熱をかけると、3本の分子がはずれ、1本の鎖の状態になります。これが「ゼラチン」です。ゼラチンは温めると液体になりますが、冷やすと固まってゼリーとなります。

一方、「コラーゲンペプチド」は、コラーゲンをさらに低分子化し、体内で吸収しやすくしたものです。ミクロにみると「コラーゲン」の三つ編みをほどき、さらに細切れにバラバラにしたものです。コラーゲンやゼラチンに比べてコラーゲンペプチドは分子が小さいので、消化吸収時の体への負担はより少なく、吸収しやすいのが特長です。また、「コラーゲンペプチド」にはゼリーを固める力がなく、飲料に配合することができます。

機能性 肌①

コラーゲンペプチドには、肌の乾燥が気になる方の肌の水分量を保持し保湿力を高める機能があります。コラーゲンペプチド10,000mgを8週間継続摂取することで、肌の水分量を高めることが報告されています。

摂取8週間後の肌水分量

●出典:J. Asserin et al.: J Cosmet Dermatol, 4 : 291(2015). ※研究レビューの対象となった論文のうち、代表的な一報を事例として提示しています。 ●被験者:肌の乾燥に悩む健常女性22名(54.8歳±2.6歳)を2グループに分けた。コラーゲンペプチド群11名、コラーゲンペプチドを含まない飲料群11名 ●摂取期間:8週間 ●試験内容:コラーゲンペプチド10,000mgを含む飲料、または含まない飲料を1日1本ずつ摂取。

機能性 肌②

コラーゲンペプチドには、加齢による肌の乾燥が気になる方の肌の弾力を維持し肌の健康に役立つ機能があります。コラーゲンペプチド10,000mgを8週間継続摂取することで、肌の弾力を維持し肌の健康を維持することが報告されています。

R8変化量(頬)

●出典:齋藤恵理子ら:薬理と治療,50,1405(2022). ●被験者:加齢による肌の衰え(肌の乾燥、たるみなど)が気になる健常男女を2グループに分けた。コラーゲンペプチド群(52.2±5.8歳、男性2名、女性19名)、コラーゲンペプチドを含まない飲料群(51.5±5.7歳、男性1名、女性18名) ●摂取期間:8週間 ●試験内容:コラーゲンペプチド10,000mgを含む飲料、または含まない飲料を1日1本ずつ摂取。

機能性 ひざ関節

コラーゲンペプチドには、膝関節の違和感で制限される普段の活動をサポートする機能があります。コラーゲンペプチド10,000mgを12週間継続摂取することで、膝関節の違和感による活動の制限が有意に減少しました。

ひざ関節の違和感によるふだんの活動の制限

●出典:山本貴之ら:薬理と治療, 46, 837(2018). ※研究レビューの対象となった論文のうち、代表的な一報を事例として提示しています。 ●被験者:膝関節に違和感がある健常男女26名を2グループに分けた。コラーゲンペプチド群(52.9±7.9歳、男性5名、女性7名)、コラーゲンペプチドを含まない飲料群(52.6±7.3歳、男性7名、女性7名)●摂取期間:12週間 ●試験内容:コラーゲンペプチド10,000mgを含む飲料、または含まない飲料を1日1本ずつ摂取。

機能性 骨

「おいしいコラーゲンドリンク」には、骨をつくる働きをサポートする機能があります。コラーゲンペプチド10,000mgを12週間継続摂取することで、骨がつくられていることを示す指標が有意に上昇しました。

骨形成マーカー(BAP)変化量

●出典:下間早織ら:薬理と治療, 47, 493(2019). ●被験者:骨の健康が気になる健常男女21名を2グループに分けた。 コラーゲンペプチド群(61.1±5.5歳、男性1名、女性10名)、コラーゲンペプチドを含まない飲料群(61.2±6.3歳、男性1名、女性9名)●摂取期間:12週間 ●試験内容:コラーゲンペプチド10,000mgを含む飲料、または含まない飲料を1日1本ずつ摂取。

脂質ゼロなのに、おいしい!

コラーゲンを摂りたいけど、あの味が苦手でちょっと…という方のために、森永製菓ではコラーゲン独特の臭みやとろみを抑えることに成功しました。ピーチ味、レモン味の2種類からお好みの味をお選びいただけます。レモン味はスッキリとした味が人気です。

おいしいコラーゲンドリンク ピーチ味・レモン味

さらに、レモン味のおいしさはそのままに「脂質ゼロ」を実現しました。2022年より植物由来の甘味料に変更。99.1%(※1)の方がおいしさを評価しています。1本(125ml)あたり72kcalです。

脂質ゼロ、1本(125ml)あたり72kcal

おかげさまで、累計販売本数が3億本(※2)を突破。さらに、6年連続でコラーゲンドリンク売上No.1(※3)となりました。商品満足度98.3%(※4)、継続意向98.5%(※5)とご好評いただき、2006年の発売以来、多くの方にご愛飲いただいています。

累計販売本数3億本突破

  • 1 2022年5月「おいしいコラーゲンドリンク」アンケート n=587(森永製菓調べ)味が「美味しい」「どちらかといえば美味しい」と回答された方の割合
  • 2 2021年10月時点 おいしいコラーゲンドリンクシリーズ、従来品を含む(森永製菓調べ)
  • 3 富士経済「H・Bフーズマーケティング便覧2018-2023」(美容効果健康志向食品/コラーゲンカテゴリー/2016-2021年実績)おいしいコラーゲンシリーズ、従来品含む
  • 4 富士経済「H・Bフーズマーケティング便覧2023」(美容効果健康志向食品/コラーゲンカテゴリー/2021年実績)おいしいコラーゲンシリーズ、従来品含む
  • 5 富士経済「H・Bフーズマーケティング便覧2023」(美容効果健康志向食品/ドリンク類カテゴリー企業ランキング/2021年実績)おいしいコラーゲンシリーズ、従来品含む

アレンジして楽しく

「おいしいコラーゲンドリンク」は、常温でも、冷やしても、温めても(※)おいしく召し上がれます。そのまま飲むことはもちろん、おろしショウガやハチミツを加えたり、炭酸水や果実酒、甘酒で割ったりと、さまざまなアレンジで楽しめます。冷凍庫で凍らせれば、簡単シャーベットに。フルーティーなコラーゲンドリンクなので、アレンジして楽しく続けられます。

  • 紙パックのままで温めることは危険ですので絶対におやめください。電子レンジを使用する際には電子レンジ対応の容器に移してから温めてください。やけどには十分ご注意ください。

アレンジレシピ:お好みのフルーツを入れて

アレンジレシピ:お好みのフルーツを入れて

アレンジレシピ:炭酸水とコラーゲンドリンクをあわせる

アレンジレシピ:炭酸水とコラーゲンドリンクをあわせる

アレンジレシピ:温めたコラーゲンドリンクを生姜と一緒に

アレンジレシピ:温めたコラーゲンドリンクを生姜と一緒に

常温保管OKな紙パック

紙パックドリンクなので、捨てるときも小さく折りたためてかさばりません。外出時など持ち運びにも便利です。未開封の場合は常温で保管(※)できます。

  • おいしくお飲みいただくために、直射日光の当たる場所・非常に高温になる場所(車の中や加熱器具の近く等)・湿度の高い場所での保管は避け、開封後はお早めにお召し上がりください。

お召し上がり方

1日1本(125ml)を目安にお召し上がりください。

長く続けていただくことが大事ですので、お客様のお好みのタイミングでお飲みください。飲用者アンケートでは、お風呂上がりに召し上がる方が多いようです。

おいしいコラーゲンドリンクに関するQ&A

温めて飲んでも大丈夫ですか?
温めてお飲みいただいても結構です。効果は変わりません。ショウガや牛乳を加えるなどアレンジしてお飲みいただいているお客様もいらっしゃいます。電子レンジなどで加熱の際は別の容器に移してラップをして温めてください。やけどに注意してお飲みください。
ピーチ味とレモン味では、どちらの方が効果がありますか?
コラーゲン10,000mgをはじめ、成分は同じですので、コラーゲンの働きに違いはありません。お好みのお味でお選びください。

定期お届け便のご案内

毎月定期お届け便だけでなく、「おまとめ定期便」がご利用いただけます。

  • 定期お届け便をお申し込み後に、お客様に変更いただく必要がございます。
  • 定期お届け便がお得で便利
  • ・毎回通常価格の10%OFF!
  • ・ご指定のお日にちに定期的にお届けします!
  • ・定期回数制限なし&お届け日やサイクル変更・お休みOK!
  • おまとめ定期便
  • 1回に2ケース以上お届けで「毎回200円OFF」(6ケースまで適用)、さらに1回のお届けが7,560円(税込)以上で「送料無料」となります。

おまとめ定期便

商品情報

名称
清涼飲料水
内容量
1本125ml
原材料名
コラーゲンペプチド(豚肉を含む)(外国製造)、砂糖、レモン果汁/酸味料、香料、甘味料(ステビア、ラカンカ)、ビタミンC
栄養成分表示(1本(125ml)当たり)
エネルギー/72kcal、たんぱく質/10g、脂質/0g、炭水化物/8.0g、食塩相当量/0~0.11g
栄養成分表に含まれないもの:機能性関与成分 コラーゲンペプチド/10,000mg
(参考値)リン/0.99mg、カリウム/8.38mg
原材料に含まれるアレルギー物質(28品目中)
豚肉
機能性表示食品
  • 肌・ひざ関節・骨

機能性関与成分:コラーゲンペプチド10,000mg

一日摂取量及び摂取方法
1日1本(125ml)を目安にお召し上がりください。開封後はすぐにお召し上がりください。
届出番号
H1003
届出表示
本品はコラーゲンペプチドを含みます。コラーゲンペプチドには肌の乾燥が気になる方の肌の水分量を保持し保湿力を高める機能、膝関節の違和感で制限される普段の活動をサポートする機能が報告されています。また本品は、加齢による肌の乾燥が気になる方の肌の弾力を維持し肌の健康に役立つ機能、骨をつくるはたらきをサポートする機能があります。
ご注意
  • 本品は、事業者の責任において特定の保健の目的が期待できる旨を表示するものとして、消費者庁長官に届出されたものです。ただし、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。
  • 摂取上の注意:本品は、多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません、体調や体質により、まれに発疹などのアレルギー症状が出る場合があります。医師によりたんぱく質の摂取制限を受けている方はご利用を避けてください。
  • 疾病に罹患している場合は医師に、医薬品を服用している場合は医師、薬剤師に相談してください。
  • 体調に異変を感じた際は、速やかに摂取を中止し、医師に相談してください。
  • 本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。
  • 本品は、疾病に罹患している者、未成年者、妊産婦(妊娠を計画しているものを含む。)及び授乳婦を対象に開発された食品ではありません。
  • 直射日光・高温・凍結を避けて保存してください。
  • 食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。