グローバルネットワーク

海外事業展開

森永製菓グループでは規模拡大に向けた取り組みとして、海外での事業展開を加速し、米国・東南アジア・中国を重点エリアに定め、現地生産と販売網の構築を進め市場シェアの拡大に取り組んでいます。
米国、中国では世界に通じる味わいと技術的強みを持つ「ハイチュウ」を販売しており、中国では2004年より製造を開始、米国では2015年夏より現地での生産を予定しています。また、東南アジアエリアでは、2013年インドネシアに合弁会社を設立し、「MORINAGA」ブランド商品の発売に向け、準備を進めています。さらに、創業50年の歴史をもつ台湾森永製菓は、台湾市場に加え、グローバルな製造拠点の役割も担い、「ハイチュウ」だけでなく、日本で新市場を創造した「inゼリー」も、アジアを中心に展開しています。

海外の優良企業との技術提携や販売契約

日本のおいしさを海外に

Burton’ s(イギリス)
「パックンチョ」をライセンス製造

海外のおいしさを日本に

STORCK(ドイツ)
「ヴェルタースオリジナル」の日本国内での輸入販売
PEZ(オーストリア)
「ペッツ」の日本国内での輸入販売
Dare(カナダ)
「小麦胚芽のクラッカー」をライセンス製造・販売
Kellogg(アメリカ)
「プリングルズ」の日本国内での販売

商標使用

Weider(アメリカ)
商標使用権を得て各種商品に使用
Disney(アメリカ)
ディズニーの商標・著作使用権を得て各種商品に使用

PAGE TOP