印刷する 森永のお菓子レシピ
基本のテクニック&技ありデコレーション
簡単!チョコレートテンパリング
〜固まっても白くならない!おいしく艶やかチョコレート〜
テンパリングとはチョコレートの温度調整のこと。
温度調整をしながらゆっくり溶かすことによって、固まった後、口どけや色つやのよいなめらかなチョコレートに仕上がります。ここでは簡単な方法をご紹介します。
簡単!チョコレートテンパリング
.
. 材 料
森永<ダース>…適量
. . 調理器具
ボウル(大)1個 ボウル(小)1個 ゴムベラ ナイフ
.
1 . .
ボウル(小)・ゴムベラ・チョコレートを用意し、ボウルにチョコレートをいれます。
この時、ダース1箱につき1/2粒はボウルに入れずとっておきます。(写真は2箱なので1粒です)
なるべく温かい場所で作業を行ってください。作業がしやすくなります。
.
2 . .
とっておいたチョコレートを、ナイフを使って出来るだけ薄く削るか、細かくきざみ別の容器に入れます。溶けないように冷蔵庫に入れておきます。
.
3 . .
ボウル(大)に50〜55度のお湯をはり、(1)でボウルに入れておいたチョコレートを湯せんにかけてゴムベラで混ぜながら溶かします。
3/2ほどのチョコレートが溶けたら湯せんからはずしそのまま混ぜて残りのチョコレートを溶かします。
※溶けずに固まってきた場合は、ドライヤーの熱を当てて溶かしてください
※この方法で溶かすとチョコの温度が約30度位になります
.
4 . .
(3)で溶かしたボウルに(2)で削ったチョコレートを入れ、空気が入らないように静かに素早く混ぜます。
.
5 . .
なめらかになるまで混ぜてテンパリングの終了です。(ツヤが出ればOK)
※冷めて固まらないように、素早く次の作業(成形)に進んでください。
※固まってしまった場合、ドライヤーで温めて溶かしてください。
.

閉じる
閉じる