おやつの適量と時間:すこやかに|森永製菓の菓子育 [食育の取り組み]

おやつの適量と時間

時間を決めて、規則的に

「おやつ」の語源は、江戸時代に八つ刻(現在の午後2時頃)に摂った間食からと言われています。おやつとしてお菓子を与える回数も、午前1回、午後1回と、ある程度の決まりをつくっておくとよいでしょう。のべつまくなしに、また長い時間をかけて食べるだらだら食いは好ましくないですね。少なくとも食事の2時間前までには、おやつの時間が終わるようにしましょう。

おやつの適量

ではどのくらいの量を摂らせるのがよいのでしょうか?

『子どものおやつと肥満』のページで、「1日に必要な食事量の1〜2割(150〜300kcal)が適量」であるとご紹介しました。でも数字だけではピンときませんね。そこで森永製菓のお菓子を例に、まとめてみました。上手に組み合わせてご利用ください。

  商品名 単位 熱量
おやつパック おでかけマンナ 1袋 56 kcal
おっとっと おやつパック
<うすしお味>
1袋 44 kcal
ベジタブルおっとっと
おやつパック
1袋 44 kcal
パックンチョ おやつパック
<チョコ>
1袋 79 kcal
菓子 マリー(1袋3枚入り) 1枚 24 kcal
エンゼルパイミニ 1個 38 kcal
小枝 1袋 33 kcal
ハイチュウ <グレープ> 1本 約228 kcal
チョコボール <キャラメル> 1箱 137 kcal
食品 ホットケーキ
(シロップ・バターなしの場合)※
できあがり1枚 230 kcal
ミルクココア
(お湯で溶かした場合)
1杯(粉末20g) 79 kcal
冷菓 チョコモナカジャンボ 1個 301 kcal
アイスボックス
<グレープフルーツ>
1カップ 13 kcal
パリパリバー <バニラ> 1本 91 kcal
マリービスケットサンドアイス 1個 86 kcal

※森永ケーキシロップのカロリーは100g当り290kcalです
※熱量の値は規格変更時に多少変動することがあります

適量を飲みものと一緒に

お菓子はカロリー補給に適していますが、活発に動き回る子どもたちは、水分も不足します。お菓子と一緒に飲みものも与えましょう。