「有胞子性乳酸菌」とはなんですか?
有胞子性乳酸菌は、普通の乳酸菌と異なり、殻につつまれた「胞子」という状態になるのが特徴です。殻で守られているため、酸や熱に強く、腸までしっかり到達することができます。 また、腸内では悪玉菌を抑えてビフィズス菌などの善玉菌をサポートします。熱に強いため、温かい飲物に溶かしても死ぬことがありません。ただし、もともと私たちの体にいる菌ではないので、摂取をやめると約1週間で体の外の排泄されてしまいます。