アメリカで注目の新習慣
「ヘルシースナッキング」って?

今、セレブも注目の“健康的な間食習慣”。

今、アメリカでは新しい食習慣「ヘルシースナッキング」が話題です。フルーツやナッツなどを間食としてこまめにとり入れて空腹状態を作らないことで、ドカ食いや極端な空腹を避けるという考え方で、美容と健康のためにたくさんのセレブが実践しています。

おやつ好きの「ミレニアルズ世代」が人気をリード。

「ヘルシースナッキング」は、今米国のトレンドをリードする「ミレニアルズ世代」にも大人気。「ミレニアルズ(Millennials)」とは、1980~90年代に生まれたアメリカの若者の通称で、2000年以降に成人になった、現在20~35歳くらいの若者のことを指します。
そんなミレニアルズの特徴のひとつに、“何かほかのことをしながら食べられるもの”を好む点があります。ある調査によると、「3度の食事より間食を好む」というミレニアルズが52%(ミレニアルズ以外20%)という結果に。そんな彼らの間食には、栄養価が高いヘルシーなお菓子や、ギリシャ・ヨーグルト、フルーツなどが選ばれているそう。健康とコストパフォーマンスを大切にするミレニアルズが、ヘルシースナッキングの人気を高めているのです。

3度の食事より間食を好む割合 ※調査:ミンテル社

事実、ヘルシー系おやつの売り上げが伸びている!

ミレニアルズを中心としたアメリカのヘルシースナッキングのトレンドは、世の中にも影響を与えています。ある調査によると、2000年から2014年の間のチップス類の売上は68%、スナックバーは140%、ナッツ類は162%と、それぞれ大きく伸びています
このデータからも、アメリカの若者たちがスナック・バーやナッツなどのヘルシー志向のおやつを積極的にとり入れていることがわかりますね。

*ウォール・ストリート・ジャーナル日本版:
http://jp.wsj.com/articles/SB10001424052702303844704580004101060258256

ページTOPへ戻る