「ヘルシースナッキング」は、
日本人にもおすすめ。

今、日本の女性の食生活とは?

もともと米を主食としてきた私たち日本人は、人間の3大栄養素である炭水化物、脂質、たんぱく質の中でも、炭水化物を多く摂取してきました。しかし、食の欧米化や近年の低炭水化物ダイエットブームがあり、炭水化物不足は問題を招くことがわかってきたのです。
また、日本でよく耳にする「食べない=やせる」という食生活も、最新の研究では見直されてきています。ここでは、最近明らかになってきた正しい知識を専門の先生に伺い、まとめました。

監修

青江 誠一郎 教授

大妻女子大学家政学部
学部長 食物学科青江 誠一郎 教授

肥満を原因とするメタボリックシンドロームの発症に及ぼす食事因子の研究を中心に取り組む。特に難消化性成分、乳成分、構造脂質、その他機能性成分が内臓の脂肪細胞の肥大化、アディポサイトカインの分泌などに及ぼす影響を動物実験を主体に研究を行う。近年では、食餌因子の研究にはどのような動物、飼料、評価法がよいかについても検討を行っている。

低炭水化物は、「隠れ肥満」につながる。

炭水化物の摂取を極端に制限すると、体内のエネルギーが不足するため、体は筋肉をエネルギーとして分解します。筋肉の減少が続くと、体内で消費できるカロリーが減っていきます。
一方、増加した余剰エネルギーは体脂肪として蓄積され続けるため、隠れ肥満になってしまうのです。そしてこの隠れ肥満は、消費できるカロリーが少ないことから、「リバウンド」を起こしやすい状態と言えます。
日本の女性には、炭水化物をこまめにとり入れて空腹を防ぐヘルシースナッキングがおすすめです。

さらに、炭水化物が減ると大切な「食物繊維」まで…。

炭水化物は、糖質と食物繊維で作られているので、炭水化物を減らすとキレイなお肌を作ったり腸内環境を整えるのに大切な食物繊維が不足してしまうのです。また、世界各国の論文でも炭水化物に関する文献が多く見られ、食物繊維の多いパスタなどに関心が高まっています。欧米ではクッキーなどをよく食べるので、食物繊維の多い穀類を使ったクッキーの摂取が、国をあげて推奨されています。
必要以上に炭水化物を制限することは、健康と美容に問題を起こす可能性があるのです。

「食べない=やせる」は誤解?

食事は1日3食よりも6~7回と分けたほうが太りません。それは、食事の間が長く空くと糖質が不足し、空腹感をもたらす遊離脂肪酸が大量に出てきて、次の食事で食べ過ぎてしまうから。そしてこの遊離脂肪酸は、食べたものを筋肉でエネルギーとして使う機能を鈍らせるため、太りやすい状態にします。
下の表は、食事の回数と肥満度の関係を研究したもの。1日の食事回数が4回未満の人と、6回以上の人を比べてみると、6回以上の人のほうが、総摂取カロリー量が少なく、「肥満度(体格指数BMI)が低い」という結果になっています。食べないより、間食をとり入れて空腹を防ぐほうが、太りにくいのです。

1日の食事回数 4回未満
(n=577)
6回以上
(n=412)
BMI /
1日の総摂取エネルギー量
29.0 /
2,472kcal
27.3 /
2,129kcal

※ Journal of the Academy of Nutrition and Dietetics

* J. Acad. Nutr. Diet.;115,4,528-536,2015

ページTOPへ戻る