#部活のためにできること

「部活」を取り巻く環境は変化しています。
「もっと休日を確保するべきではないか」など、
生徒と先生の負担を心配する数多くの声も聞かれています。
私たちにも、何かできることはないでしょうか。

「卒業した先輩が、顔を出してくれるだけで嬉しい」
部活生や顧問の先生から、こんな声が聞かれました。
普段一緒に活動している仲間だけでなく、
その上の先輩たちも部活を気にかけてくれている。
それが何よりも嬉しいというのです。
かつて汗を流した卒業生からのサポートが、
部活を支える力になるかもしれません。

目標に向かって練習して、
仲間と過ごす中で、成長させてくれる部活。
今まで続いて来たバトンを絶やさないよう、
頑張っている部活生や先生のために
できることがきっとあります。

なかなか練習にいくことはできなくても、
久しぶりに母校を思い、差し入れをしてみませんか。

inゼリーは差し入れを通じて、
部活動に関わる全ての人と、部活動の未来を応援しています。

シェアする

SPECIAL MOVIE サンシャイン池崎さんが母校を訪れた。

もしもサンシャイン池崎が、
母校の後輩たちに 差し入れをしたら、
みんなどんな顔をするのだろう。

これは、サンシャイン池崎さんと、後輩たちによる、
母校のさしいれドキュメンタリー。

池崎さんのいた鹿児島県立鹿屋高校ボート部は、
今は女の子たった一人で活動していることが明らかに。
驚きを隠せない池崎さん。
「唯一の後輩を、応援したい。」
真夏の太陽のもと、池崎さんはさしいれに向かった。

シェアする

DATA 顧問の先生と部活生に、アンケートをしました。

顧問の先生

顧問の先生の多くはやりがいを感じて
いる一方で、
時間的理由などから、
負担に感じている。

部活にやりがいを
感じていますか?
  • 感じている 59.5%
  • 感じていない 40.5%
やりがいを感じる理由
TOP3
  1. 生徒の成長を
    感じるから
    97.5%
  2. 生徒が達成感を
    感じるから
    95.0%
  3. 生徒が努力すること
    の大切さを知るから
    93.3%
部活を負担に
感じていますか?
  • 感じている 73.0%
  • 感じていない 27.0%
負担に感じる理由
TOP3
  1. 時間的理由 92.5%
  2. 精神的理由 79.5%
  3. 経済的理由 76.0%
どれくらいの時間を部活に割いていますか?
  • 1日あたり

    平均 1.78時間
  • ワークシェア

    平均 18.7% ※勤務時間全体における部活の占める割合

生徒たちが部活に入ることを良いと
思う一方で、様々な課題に直面している。

    • 生徒は部活に入った
      方がいいと思う
      76.0%
    • 以前より部活に入る
      生徒が減ったと感じる
      76.5%
    • 今のままでは部活動の
      存続は難しいと感じる
      72.0%
    • 部活に対して世間の
      風当たりが強くなって
      きたと感じる
      71.0%
  • 部活動自体は、かなり負担ではあるが、それ以上に生徒にとっての利益があると思う。(40代/男性顧問)

  • 生徒が努力しながら人間的に成長していく場面、努力が報われた瞬間の歓喜を感じられる喜びは何事にも代えがたいと思う。一方で、休みが少ないと負担に感じる。(50代/男性顧問)

部活生

仲間ができたり、成長を感じたりするなど、
部活は、やりがいがあって、楽しい。

部活に入っていますか?
  • 運動部 33.9%
  • 文化部 31.9%
  • 帰宅部 34.2%
部活をやっていて
よかったと思いますか?
  • よかったと思う 87.5%
  • よかったと思わない 12.5%
やりがいを感じる理由
TOP3
  1. 友人や仲間が
    できたから
    92.6%
  2. 達成感を
    感じるから
    90.0%
  3. 成長していると
    感じるから
    89.7%
部活は楽しいですか?
  • 楽しいと思う 84.3%
  • 楽しいと思わない 15.7%
  • 全員で同じ目標を決めて部員同士が切磋琢磨しながら互いに成長して、何か一つのことを達成できた時に楽しいと感じるし、改めてこのメンバーでやってこれたことに感謝の気持ちを感じる。(女子高校生)

  • 部活は体力をつけるだけでなく、人間性、協調性など、生きていく上でとても大事な事も学べるいい機会だと思います。(男子高校生)

  • 一生懸命がんばった時間が、結果として実ったときの達成感は、学生時代にしか味わうことができないと思う。(30代OG)

  • 当時は練習がきつかったですが、やっていて良かったと思います。きつい練習をやり遂げて精神力が養われたと思います。(40代OG)

OB/OGサポートの実態

先生も生徒もOB/OGのサポートを
必要としているが、
実際にサポートしているOB/OGは少ない。

  • OB/OGからのサポートが
    必要だと思う
    • 教師 74.0%
    • 生徒 78.3%
  • 実際に
    サポートしたことの
    あるOB/OG
    33.7%

学生の約7割が差し入れを期待している一方で、
実際に差し入れしたことのあるOB/OGは約1割。

サポートしてほしいこと
  • 指導をして
    ほしい

    • 教師 74.2%
    • 部活生 75.5%
  • 練習に参加して
    ほしい

    • 教師 70.5%
    • 部活生 68.6%
  • 応援に来て
    ほしい

    • 教師 68.9%
    • 部活生 71.2%
  • 金銭的な寄付を
    してほしい

    • 教師 57.9%
    • 部活生 51.1%
  • 差し入れして
    ほしい

    • 教師 52.1%
    • 部活生 73.1%
サポートしたことがあること
  • 指導をしたこと
    がある

    • 13.5%
  • 練習に参加した
    ことがある

    • 17.3%
  • 応援に行った
    ことがある

    • 14.8%
  • 金銭的な寄付を
    したことがある

    • 8.0%
  • 差し入れした
    ことがある

    • 12.5%

部活顧問の先生・現役生・部活動OB/OG合計1,000人
2019年8月森永製菓株式会社調べ

シェアする

シェアする

10秒チャージinゼリー

  • inゼリー エネルギー
  • inゼリー マルチビタミン
  • inゼリー マルチビタミン カロリーゼロ
  • inゼリー マルチミネラル
  • inゼリー プロテイン
  • inゼリー ローヤルゼリー
  • inゼリー スーパーエネルギー
  • inゼリー スーパープロテイン

キャンペーンに関するお問い合わせ

フレフレ、部活。母校にinゼリー 2019
キャンペーン事務局

0120-253-876

2019年9月2日〜11月30日
平日 10 : 00 〜 17 : 00(土・日・祝日を除く)

本キャンペーンのお問い合わせはメールでは受付けておりません。
キャンペーン事務局へお電話にてお問い合わせください。

※本キャンペーンはブカピと協力して実施しています。

撮影協力 : 鹿児島県立鹿屋高等学校 / 茨城県立笠間高等学校
/ 法政大学第二中・高等学校