HOME > 採用情報 > 教育研修制度

教育研修制度

社員一人ひとりのキャリアデザインを強力にサポートする人材開発制度

会社の発展は、社員一人ひとりの成長とともにあります。人材育成は、会社が永続的に発展していくための重要な戦略的課題と捉え、
社員一人ひとりの成長の支援をしていきます。

森永製菓では「OJT(on the job training)」「OFF-JT(off the job training)」「自己啓発」を人材育成体系の3本の柱としています。
社員一人ひとりが「なりたい自分」を描くキャリア開発を土台とし、それに向かって自己実現を果たすために、職務を通して、
学ぶOJT、階層別研修などのOFF-JT、自己啓発研修(通信教育、e-ラーニングなど)と、多彩な研修プログラムが用意されています。

社会人へとソフトランディングするための入社前研修〜新入社員研修

森永製菓の人材育成は、e-ラーニングを活用した入社前研修からスタートします。
入社後はOFF-JTとして、新入社員研修を実施し、社会人としてのマナーや森永製菓についての知識を学ぶとともに、
工場実習、営業実習などを通して現場を体験します。また、新入社員の誰もがスムーズに職場に溶け込むための知識・スキルを
学びます。

3年間で自律した人材を育成する

学校を卒業し社会人になってからの3年間は、会社生活の中でも最も成長が期待できる時期です。
森永製菓では、入社から3年間をビジネスマンとしての基礎教育期間として、若手人材の育成に特に力を入れています。
新入社員研修を終えた後は、配属された職場において、OJTトレーナーによる指導のもと、より日常的に新入社員を支援しています。
また、1年に1回定期的にOFF−JTとして集合研修と人事によるキャリア面談を実施し、若手人材の育成をスキル面やマインド面、
キャリア面から支援します。3年間で、自ら考え、行動できる「自律型社員」への成長を目指します。

明確なキャリアを描くためのキャリア開発支援体制

社員が成長するためには、自発的に成長していきたいという気持ちを生み出すことが重要です。森永製菓というステージにおいて、
誰もが意欲的に自らのキャリアを描き、その目標に向かって、可能性を広げる必要があります。

そのためには、明確なキャリアを描くためのキャリア開発支援体制が不可欠です。
社員がキャリアを考える際に重要なことは、現在の自分の「やりたいこと」「やれること」「やるべきこと」を認識した上で、その
3つが一致することです。
社員が自らのキャリアを考えていくために、会社からも「4つの場」を提供することで支援をしています。

① 情報の場の提供 社内向け研修情報発信等
② 学習の場の提供 通信教育、公募・選抜型研修等
③ 経験の場の提供 自己申告制度、社内公募、ジョブローテーション等
④ 個別相談の場の提供 キャリア面談

主な研修

■階層別研修

会社における組織上の役割期待に応じて、スキル面、意識面、行動面でのさらなる向上のため、
等級や職位毎に研修を実施しています。
(例:新入社員研修、2年目フォロー研修、3年目フォロー研修、OJTトレーナー研修、新任管理職研修 他)

■テーマ別研修

経営課題や各事業における課題を中心に、テーマ別の研修を実施しています。
(例:マーケティング人材育成研修、マネジメントゲーム研修、メンタルヘルスケア研修 他)

■語学研修

グローバル化に対応した人材育成を目指し、TOEIC受験料の全額補助(年1回)をはじめ、
語学通学やe-ラーニング受講サポートなど社員の語学力向上を支援しています。

■自己啓発研修

200講座を超える通信教育やeラーニング、会社主催の課題別研修、外部セミナーの受講支援など、自由選択型の研修として、
社員一人ひとりの課題テーマに合わせた、社員の学ぶ意欲を支援する様々なプログラムを用意しています。

■部門別研修

販売部門、研究開発部門、生産部門など各部門において、専門的知識やスキルを高めるための研修を行っています。

その他の人材育成支援

■研修施設

横浜の鶴見工場内に研修室を設け、日常の業務と一線を画し、学びに集中できる環境を整えています。

PAGE TOP