MORINAGA

くつろぎの時間を
生み出すパートナー
―カレ・ド・ショコラとコーヒーの楽しみかた

カレド&堀口珈琲

9月

味や店舗、カップにこだわりをみせるスペシャルティコーヒーのロースター、堀口珈琲の創設者・堀口俊英さんに、カレド・ショコラに合うコーヒーを教えていただきました。

INTERVIEW

株式会社堀口珈琲堀口俊英

[Profile]

1990年、東京・世田谷区に「珈琲工房HORIGUCHI」を開業。創業当時から喫茶・小売り・卸売りを実施。日本で唯一無二のスペシャルティコーヒーの提供に励む。現在は都内に「堀口珈琲」3店舗を構え、美味しいコーヒーの普及と追及に余念がない。

株式会社堀口珈琲 堀口俊英 様

堀口珈琲が提供するコーヒーの特徴はなんでしょう?

インタビュー画像1

「深煎り」の美味しさですね。品質の良い生豆を上手に深煎りすると、香りと苦みのバランスに優れたコーヒーになるんです。しかも雑味成分がないから後味もすっきりして飲みやすい。だから本当にコーヒーが好きな人は、浅煎りから深煎りに好みが変わっていきますよ。一方で浅煎りの楽しさもありますので、さまざまな味わいのコーヒーをまずは試してみてください。

コーヒーのパートナーにチョコレートが合うのはどうしてですか?

インタビュー画像1

コーヒー豆とカカオ豆には共通点が多いんです。まずどちらも油脂を含んでいます。油脂成分がコクを生み出すんですね。焙煎も共通していますね。ローストで香りを引き出し、焙煎時間によって香りや風味を変化させる。かぐわしいアロマは気持ちを落ち着かせてくれるので、コーヒーやチョコを味わう時間そのものを楽しめるようになります。

ブレンドで味や香りが広がるのもコーヒーやチョコならでは。果実のようなジューシーな香りからワインのような芳醇な香り、ほろ苦さを連想される濃厚な香りの演出はブレンドのなせる業です。もちろん味も変わります。軽くさわやかな味わいからコクを重視したもの、力強さを強調したものまで、ブレンド次第でコーヒーの味は千差万別。チョコレートも同じで、ベリーを加えたさわやかな味やミルクでコクを強めたもの、カカオ成分を多くしてチョコ本来の味わいを引き出そうという商品も最近では人気です。これだけ共通点があれば、パートナーとして最適なのは当然なのではないでしょうか。

「カレ・ド・ショコラ」に合う堀口珈琲おすすめの一杯を教えてください。

インタビュー画像2

「カレ・ド・ショコラ」を一口いただいた時、しっかりとした甘さと心地よいカカオの風味のバランスが印象的でした。各フレーバーにおける食材の組み合わせの違いも、味のバリエーションが際立ち、楽しいですね。
「フレンチミルク」にはフランス・ブルゴーニュのミルクがブレンドされていますが、これがクリームのような口どけをもたらします。これに合うコーヒーはブレンド#3「味とコクの絶妙なバランスの取れた、スタンダードなシティロースト」。これなら厳選されたミルクの風味を邪魔しません。
「マダガスカルホワイト」はクリームとミルクを贅沢に使って甘さとコクを演出しているので、#7「柔らかい苦みとほのかな甘み」がいいでしょう。互いの主張が強すぎると思いがちですが、味の奥深さに驚かされるはずです。
「ベネズエラビター」はカカオの濃厚な香りが特徴なので、#5「チョコレートを思わせるコクと甘みと口当たり」が最適。チョコのほろ苦さとコーヒーのソフトな甘さをいつまでも楽しめます。

堀口珈琲ペアリング紹介

堀口珈琲ペアリンググラフ

堀口珈琲のブレンド

高品質で個性豊かな素材を使い繊細な感覚と大胆な発想で作った9種類の多彩なブレンド。ストレートでは得がたい重層的な香味の世界をお楽しみください。

  1. ①明るく爽やかな酸、軽快な飲み心地
  2. ②華やかな香り、ジューシーな味わい
  3. ③酸とコクの絶妙なバランス、飽きのこない定番ブレンド
  4. ④スパイスやウィスキーのような、複雑でエキゾチックな香味
  5. ⑤チョコレートを思わせる、コクと甘みと口あたり
  6. ⑥南仏の赤ワインのような、芳醇な香りと滑らかな舌触り
  7. ⑦柔らかい苦みにほのかな甘み、堀口珈琲を象徴するブレンド
  8. ⑧黒ビールを思わせる、力強さと重厚感
  9. ⑨ほろ苦さと糖蜜の滑らかさ、長く濃厚な余韻
  • インタビュー画像3

    「フレンチミルク」にはフランス・ブルゴーニュのミルクが使われ、甘さとコクに深みを増しているほか、クリームのような口どけが特徴です。これに合うコーヒーはブレンド#3、「味とコクの絶妙なバランスの取れたシティロースト」。ミルクの風味を邪魔しないためにもスタンダードな風味のコーヒーがおすすめです。

  • インタビュー画像3

    カカオの風味を引き出して甘さを抑えた「ベネズエラビター」にはブレンド#5、「チョコレートを思わせるコクと甘みと口当たり」のあるコーヒーが最適です。カカオ本来の味を楽しみながら、時折、コーヒーで口の中をリセットすれば、チョコのほろ苦さとコーヒーのソフトな甘さをいつまでも楽しめます。

  • インタビュー画像3

    クリームとミルクを贅沢に使用して、甘さとコクを演出した「マダガスカルホワイト」には、チョコに負けない深みのある#7、「柔らかい苦みとほのかな甘み」が特徴のコーヒーがマッチします。一見したところ、主張が強すぎる組み合わせと思いがちですが、口に含むと味の奥深さに驚かされるはずです。

イベント情報

  • 実施期間:2017年9月1日(金)~配布予定数量がなくなり次第終了
  • 実施店舗:世田谷店、狛江店
  • カレ・ド・ショコラのフレーバーのご指定はできません
ページトップ