MORINAGA MUSEUM EPISODE
全国のおかあさんを無料ご招待
日本での母の日のはじまりは…?
5月の第2日曜日は、「母の日」。なぜ、この日が母の日になったのか?その理由は意外と知られていないようだ。
母の日の誕生は、1912年(大正初期)頃にさかのぼる。
アメリカのある田舎町に住むアンナという少女の母親が亡くなったとき、アンナは母親の追悼式が行われる教会を、カーネーションの花で飾った。亡くなった母親は、一生を町の子供たちに尽くした優しい人だったので、町中がこの母親を心に留める意味をこめ、母の日を定めたのだという。この心あたたまる行事は、たちまちアメリカ全土に伝わり、数年のうちに世界中に広がった。
日本での母の日は、昭和のはじめ頃よりキリスト教団体を中心に、ささやかに行われていた。これを全国規模の、今日ある「母の日」のような全国行事にしたのが、他ならぬ森永であったのだ。
昭和11(1936)年、森永は各団体に協力を呼びかけ、「母の日中央委員会」を設立した。翌年には「母をたたえる歌」を募集し、「第1回 森永・母の日大会」を豊島園で盛大に開催。ポスターの貼ってある菓子店で招待券を配り、20万人ものおかあさんを無料で招待した。この招待券には、電車の乗車券と豊島園の入場券の引換券のほか、森永のお菓子の引換券や、牛乳・コーラス・コーヒーなどの接待券が当たる福引券がついていた。当日、園内では“母をたたえる式”が行われ、新緑の園内で子どもたちと飛行機遊具に乗ったりボートを漕いだりと、楽しく過ごすおかあさんたちでにぎわった。
この後、森永・母の日大会は全国の主要都市を舞台に毎年開催されるようになっていった。戦争による中断があったものの、昭和22年には再開している。
CLOSE