30年越しの伏線回収!?

音声コンテンツ

恋アイスシミュレーションゲーム 怪盗クレープには気をつけろ!

この甘いささやき・・・信じていいの?

「私の前に突然あらわれた
彼は心を奪う怪盗でした」

彼はいったい誰なの?
信じたい気持ちと、
疑ってしまう気持ち。
まるでザ・クレープの二つの
食感のように
交錯する二つの想い。

ザクザクなの?もちもちなの?
その先に待つ二人のエンディングとは…。

CV:諏訪部順一

参加特典

ゲームに参加してエンディング結果をTwitterでシェアすると抽選で冷凍庫用マグネット式音声チャイムが10名様に当たる!!

自宅の冷蔵庫が怪盗クレープのアジトに!?
キャンペーン期間
2021年9月14日(火)11:00 〜
2021年12月3日(金)23:59
キャンペーンに関する
お問い合わせ
怪盗クレープ「音声チャイム」
プレゼントキャンペーン事務局
info@thecrepe-cp.com
対応期間
2021年9月14日(火)〜
2021年12月3日(金)
平日10:00~17:00 ※土・日・祝日を除く

さらに

しゃべる台座付きQUOカードプレゼント!!

購入したザ・クレープを撮影し
「#怪盗クレープをかくまいました」
つけて
ツイートすると抽選で200名様に
怪盗クレープのセリフが録音された
台紙付き
500円分のQUOカード
プレゼント!

僕をたくさん冷凍庫にかくまってね
  • まずはTwitterで森永製菓
    アイス公式アカウント
    @MorinagaIce」をフォロー。
  • 「ザ・クレープ」を撮影した
    写真と
    ハッシュタグ
    #怪盗クレープを
    かくまいました
    」をつけて
    ツイートすれば応募完了。
  • 当選者にはTwitterの
    ダイレクト
    メッセージで
    ご連絡いたします。
キャンペーン期間
2021年9月14日(火)11:00 〜
2021年12月3日(金)23:59
キャンペーンに関する
お問い合わせ
怪盗クレープ「音声台紙付きQUOカード」
プレゼントキャンペーン事務局
info@thecrepe-cp.com
対応期間
2021年9月14日(火)〜
2021年12月3日(金)
平日10:00~17:00 ※土・日・祝日を除く

ストーリー

30年越しの伏線回収!?

あの1988年に発売された
クレープ屋さんのキャラクター
「クレープおじさん」は、
実は変装した怪盗クレープだった!!
衝撃的事実の真相とは…?

  • いまから33年前。愛川温は警察に追われていた。また窃盗事件を起こしたのだ。彼は決まって悪党の資産を狙う。その使い道は誰も知らない、謎多き男だ。ある日彼は、伝説の王冠「ザ・クラウン」の噂を耳にする。

  • なんでもその王冠を手にした人間は永遠の命を与えられるか、命を奪われるという。「永遠の命か死か。おもしろい」。好奇心旺盛な愛川は王冠を盗むことを決意する。まさか、新たな運命が始まるとは知らずに−−。

  • 突然まばゆい光に包まれる愛川。王冠から現れたヒゲの妖精は「永遠の命を与えるかわりに、人間の笑顔を捧げよ」と告げる。契りを交わし王冠を被る愛川。こうして人の心を奪う魅惑の怪盗クレープは誕生したのだった。

  • 王冠を盗んだことで指名手配された怪盗クレープは、変装して身を隠していた。彼が作るクレープアイスは大人気となり、たくさんの笑顔を生んでいた。そう、あの「クレープおじさん」の正体は怪盗クレープだったのだ!

  • それから23年の月日が経ち、岡喜刑事がついに「クレープおじさん」が怪盗クレープであることを突きとめる。間一髪のところで逃亡する怪盗クレープ!この日を境に、クレープおじさんの姿も消えてしまったのだった。

  • 実は同級生だった愛川と岡喜。ケンカは絶えなかったが、密かにお互いを認め合っていた。岡喜が怪盗クレープを追い続けるのは、自分の手で愛川の真意を確かめたいから。いつかあの頃のような二人に戻れると信じて。

 / 

キャラクター

キャラクターデザイン by 煮たか

怪盗クレープ

本名:愛川 温(あいかわ つつむ)

CV:諏訪部 順一

夜な夜な女性のココロを癒しにやってきては、ココロを奪ってしまう怪盗。世間的な正体は謎。王冠風ハット(ザ・クラウン)を被り、マント(クレープ柄)をまとう。
チョコソース的な差し色、クランチをイメージしたスタッズなどがあしらわれた衣装。紳士的な装い。ピンチの時はヒゲスティックで声を変えたり、スティックをクレープ用とんぼに変形させて、高速回転させ空を飛ぶ。見た目はイケメン、中身はおじさん。

老若男女誰にでも優しい、無自覚・天然タラシ。甘いセリフを苦もなく口にするため、相手が誤解することもしばしばだが、口説くためではなく純粋な善意からである。相手の幸せを願うあまり、自分が無理をしがちなところがある。カッコよく振る舞うものの筋肉痛は明後日来がち。腹肉が気になりがち。メールには絵文字使いがち。

岡喜刑事

本名:岡喜 千兵衛(おかき せんべえ)

CV:野瀬 育二

甘ったるいこと、甘いものが大嫌いな刑事。浅草出身の生粋の江戸っ子。インターポールに出向していた経歴を持ち、現地では「未解決事件」となった「ザ・クラウン事件」を今も一人追い続けている。制服はインターポール時代のものを江戸風にアレンジした和洋折衷。十手に見えるのは警棒。いざとなった時には拳銃にもなる代物。ただ大抵の場合は持ち前の漢気と人情話で相手を説得してしまうので、拳銃は使ったことがない。
怪盗クレープのライバル的存在。年齢は 50 代。幼い頃から真面目でカタすぎる性格の持ち主。同級生の愛川が怪盗クレープであると気づいている唯一の人間。仕事でスマホを支給されてはいるが、いまだに使いこなせない。最近は老眼鏡をかけることが多い。

ひげの妖精

王冠「ザ・クラウン」に宿っていた妖精。契りを交わした人間に不老の力を与えることができる。ただし契りを交わした人間は、女性の心を妖精に捧げ続けなければならず、そのために愛川は女性の心を奪っている。普段は愛川のヒゲスティックとなり変装を手伝っている。
古くから人の笑顔を願い続けてきた妖精で、ある偉い王の王冠に宿って過ごしていたが、その王が亡くなってからは美術館に閉じ込められていた。
なぜか日本語は関西弁で話す。理由は「動画共有サイトで日本のお笑い動画を見ていて、関西弁は人を笑顔にできる言語だと思ったから」。そのためヒゲスティックを使って変装した愛川は、関西弁になりがちである。

おいしさの秘密

ひとくちごとに変化する味わいと食感

もちもち美味しい!
ざくざく楽しい!

一度食べたらハマりすぎるから気をつけて!