やみつきになる理由を検証!パキシエル検証実験第2弾 日本音響研究所s所長 鈴木創さん“音の権威”が解明

検証実験第一弾はコチラ

プレスリリースはコチラ

パキシエルにハマっている人「パキシエラーがますます増殖中…」「”パキッ”音」の持つすごい新真実を発見!

パキシエルにハマっている人「パキシエラーがますます増殖中…」「”パキッ”音」の持つすごい新真実を発見!

パキシエル検証実験第1弾では、「厚さ7mmの先端チョコ」が生み出す、「食感」と「音」に
やみつきになる理由が隠されていることがわかった。
パキシエルにハマる「パキシエラー」がますます増えている現状から、
さらに「音」そのものに注目し、“パキッ”という音の特徴を探るべく、
音声解析を専門としている日本音響研究所と実験を行った。

パキシエル検証実験第1弾では、「厚さ7mmの先端チョコ」が生み出す、「食感」と「音」に
やみつきになる理由が隠されていることがわかった。
パキシエルにハマる「パキシエラー」がますます増えている現状から、
さらに「音」そのものに注目し、“パキッ”という音の特徴を探るべく、
音声解析を専門としている日本音響研究所と実験を行った。

実験結果サマリー
1 厚さ7mmの先端チョコが生み出す“パキッ”音は、
バラエティ豊かな音色である。

2 “パキッ”音は癒しを感じる、沖縄の波の音と
同じカテゴリーに属する爽快さと心地よさ併せもつ音である。

3 “パキッ”音には、ミッドα波を増加させ、
脳をリラックスさせる効果がある。

実験結果サマリー
1 厚さ7mmの先端チョコが生み出す“パキッ”音は、
バラエティ豊かな音色である。

2 “パキッ”音は癒しを感じる、沖縄の波の音と
同じカテゴリーに属する爽快さと心地よさ併せもつ音である。

3 “パキッ”音には、ミッドα波を増加させ、
脳をリラックスさせる効果がある。

今回、パキシエルの“パキッ”音の秘密を探るために行ったのは
A「音色測定と周波数分析」、B「脳波実験」という2種類の検証実験。

今回、パキシエルの“パキッ”音の秘密を探るために行ったのは
A「音色測定と周波数分析」、B「脳波実験」という2種類の検証実験。

検証実験A

音色測定周波数分析

検証実験B

脳波実験

日本音響研究所とは
				幅広い音響解析を行う民間の専門機関。特に2つ以上の録音された音声から、
同一人物であるかどうかを判別する声紋鑑定や録音データの編集改ざん解析が主業務。
一方その技術を利用し、アーティストの音声・歌声の特徴解析や製品、素材の音響特性の測定、
分析、評価なども行う。直近の実績として、難聴者向け音声伝達装置研究・開発のアドバイザー、
赤ちゃんの泣き止みをサポートする音楽制作などがある。

日本音響研究所とは
				幅広い音響解析を行う民間の専門機関。特に2つ以上の録音された音声から、
同一人物であるかどうかを判別する声紋鑑定や録音データの編集改ざん解析が主業務。
一方その技術を利用し、アーティストの音声・歌声の特徴解析や製品、素材の音響特性の測定、
分析、評価なども行う。直近の実績として、難聴者向け音声伝達装置研究・開発のアドバイザー、
赤ちゃんの泣き止みをサポートする音楽制作などがある。

“パキッ”音周波数分析 実験内容
「パキシエル」の“パキッ”音の特徴を調べるため、音色測定と周波数分析を行い、
“パキッ”音を単に時間的な振り幅(音の大きさ)の変化だけでなく、どのような音色が生まれ、
時間的にどのようにその成分が推移していくかを捉えた。

“パキッ”音と波の音の周波数分析図の比較

縦方向に上から下までハッキリ出ているのが特徴。また、様々な色で構成されており、それぞれ異なる周波数にピークを持つバラエティ豊かな音色であることがわかる。

単位時間当たりの音の発生数、時間間隔、音に含まれる周波数成分が図1と非常に似ていることが判明。

その他の音の周波数分析図
※代表的な音のみを抜粋 アーモンド モーツァルト(アイネクライネナハトムジーク) ゴルフ ウインナー バッハ ホームラン(金属バット) 気泡入り緩衝剤 小川のせせらぎ 指パキ

実験結果
パキシエルの“パキッ”音の「爽快感と心地よさ」は、
沖縄の波の音と同等以上!

音域の広い音は「爽快な音」とされるものが多く、1秒間あたりの音数の多い音は、
「心地よい音」と捉えられる傾向に。つまり、赤色の対角線に近い部分に分布している音は、
爽快感と心地よさを併せ持つ特性があると考えられる。

上記の図において、赤色の対角線に近い部分に
分布している音は、爽快感と心地よさを併せ持つ特性があると
考えられます。パキシエルは対角線上かつ両数値とも高く、
爽快感はゴルフのショット音並み、心地よさは沖縄の
波の音と同等以上であることが明らかになりました。

“パキッ”音周波数分析 実験内容
「パキシエル」の“パキッ”音の特徴を調べるため、音色測定と周波数分析を行い、
“パキッ”音を単に時間的な振り幅(音の大きさ)の変化だけでなく、どのような音色が生まれ、
時間的にどのようにその成分が推移していくかを捉えた。

“パキッ”音と波の音の周波数分析図の比較

縦方向に上から下までハッキリ出ているのが特徴。また、様々な色で構成されており、それぞれ異なる周波数にピークを持つバラエティ豊かな音色であることがわかる。

単位時間当たりの音の発生数、時間間隔、音に含まれる周波数成分が図1と非常に似ていることが判明。

その他の音の周波数分析図
※代表的な音のみを抜粋 アーモンド モーツァルト(アイネクライネナハトムジーク) ゴルフ ウインナー バッハ ホームラン(金属バット) 気泡入り緩衝剤 小川のせせらぎ 指パキ

実験結果
パキシエルの“パキッ”音の「爽快感と心地よさ」は、
沖縄の波の音と同等以上!

音域の広い音は「爽快な音」とされるものが多く、1秒間あたりの音数の多い音は、
「心地よい音」と捉えられる傾向に。つまり、赤色の対角線に近い部分に分布している音は、
爽快感と心地よさを併せ持つ特性があると考えられる。

上記の図において、赤色の対角線に近い部分に
分布している音は、爽快感と心地よさを併せ持つ特性があると
考えられます。パキシエルは対角線上かつ両数値とも高く、
爽快感はゴルフのショット音並み、心地よさは沖縄の
波の音と同等以上であることが明らかになりました

脳波測定器を着用した被験者に、録音したパキシエルの咀しゃく音を聞かせ、被験者の脳波状態にどのような変化があるのか調べました。

ミッドα波とは(9~12hz)
緊張のないリラックスした状態で、意識が集中しており、頭が冴えているときに優位に出る脳波。
能力発揮に最もふさわしい状態の脳波。

被験者:30~40代女性8名(A~H)
測定方法:脳波センサーを装着し「ベータ波」「ファストα波」「ミッドα波」「スローα波」を測定
使用機材:株式会社脳力開発研究所製アルファテック5
実施時期:2017年4月
実験監修:日本音響研究所


実験結果 “パキッ”音を聞いた8名中、7名の緊張が緩和された。
ストレスも低減し、リラックス状態に!
8人の被験者中、7人がミッドαの割合が増加となった。

爽快で、心地よいパキシエルの音により、ミッドα波割合が
増加しており、パキシエルの“パキッ”音が被験者にも心地よく
リラックス方向へ導く音である傾向が強い可能性を示すことが
できました。これは、緊張が緩和されたリラックス状態を表し、
ストレスの軽減にも繋がったといえます。

脳波測定器を着用した被験者に、録音したパキシエルの咀しゃく音を聞かせ、被験者の脳波状態にどのような変化があるのか調べました。

ミッドα波とは(9~12hz)
緊張のないリラックスした状態で、意識が集中しており、頭が冴えているときに優位に出る脳波。
能力発揮に最もふさわしい状態の脳波。

被験者:30~40代女性8名(A~H)
測定方法:脳波センサーを装着し「ベータ波」「ファストα波」「ミッドα波」「スローα波」を測定
使用機材:株式会社脳力開発研究所製アルファテック5
実施時期:2017年4月
実験監修:日本音響研究所


実験結果 “パキッ”音を聞いた8名中、7名の緊張が緩和された。
ストレスも低減し、リラックス状態に!
8人の被験者中、7人がミッドαの割合が増加となった。

爽快で、心地よいパキシエルの音により、ミッドα波割合が
増加しており、パキシエルの“パキッ”音が被験者にも心地よく
リラックス方向へ導く音である傾向が強い可能性を示すことが
できました。これは、緊張が緩和されたリラックス状態を表し、
ストレスの軽減にも繋がったといえます。

まとめ

まとめ

“パキッ音が”沖縄の浜辺に打っては返す、静かな波の音に近いとカテゴライズされたのは意外で、
アイスの音と南国沖縄の浜辺の波の音に共通項があるとは想像できなかった。
「パキシエル」を食べて癒やされる人がいるとすると、この音の存在が一部担っているとも解釈できる。
偶然かもしれないが、味わいに加えて食べる楽しみを
音でもサポートする設計になっているアイスというのは非常に興味深い。
今回の実験で判明した「パキシエル」の音が持つリラックス効果は、
ストレスフルな現代人にとって大きな助けになるものだと考えられる。

““パキッ音が”沖縄の浜辺に打っては返す、静かな波の音に近いとカテゴライズされたのは意外で、
アイスの音と南国沖縄の浜辺の波の音に共通項があるとは想像できなかった。
「パキシエル」を食べて癒やされる人がいるとすると、この音の存在が一部担っているとも解釈できる。
偶然かもしれないが、味わいに加えて食べる楽しみを
音でもサポートする設計になっているアイスというのは非常に興味深い。
今回の実験で判明した「パキシエル」の音が持つリラックス効果は、
ストレスフルな現代人にとって大きな助けになるものだと考えられる。

パキシエルを食べる際は、味だけではなく、
是非この“パキッ”という「いい音」にも耳を傾けて
リラックスしていただきたい。

パキシエルを食べる際は、味だけではなく、
是非この“パキッ”という「いい音」にも耳を傾けて
リラックスしていただきたい。