ビフィズス菌チョコレートに入っている「ビフィズス菌BB536」について教えてください
ビフィズス菌は、乳酸や酢酸といった有機酸を生成し、
有害菌の増殖を防ぎ、腸内環境を整えると考えられています。

中でも森永乳業が発見し、食品応用技術を開発した「ビフィズス菌BB536」は、
健康な乳児から発見されたヒト腸管に棲息するビフィズス菌の種類です。

一般的にビフィズス菌は酸や酸素に弱いですが、
「ビフィズス菌BB536」は他のビフィズス菌に比べ、酸や酸素に強く、
生きたまま大腸に到達できる菌です。
弊社からのお電話、メール、お手紙等による回答は、お客様個人へ差し上げるものです。
弊社からの回答の一部または全部を、公開、転載、二次利用等することはご遠慮ください。