CMギャラリー

板チョコアイス 「アイス噺家Z」篇

アイス噺家Z(はなしかず)予告篇

アイス噺家Z(はなしかず)篇

CMストーリー

高座で小噺を披露する円楽師匠。「あるところに一組のアイドルがおりまして…」と切り出すと、お話の世界に切り替わり、A.B.C-Zの楽屋の様子が映し出されます。河合さんたちが「今年も『板チョコアイス』のCMが決まった!」と大喜びしていると、いきなり叫び声を上げ、「こわいんだ、「板チョコアイス」が…」と一人だけブルブル怯え出した塚田さん。「食べた時のパキっとした音」も「ベルギー産のチョコ」も「こわい」と、意味不明な言葉を並べ立てる姿を見て、4人は怪訝そうな表情を浮かべるも、「怖い板チョコアイスってどんなやつ?」という橋本さんの発言をきっかけに、メンバー同士でワイワイ大喜利が始まります。と、そこへいつの間にか円楽師匠が乱入。パチンと指を鳴らすと、舞台が大喜利空間へと切り替わり、円楽師匠司会のもと、噺家に扮したA.B.C-Zのメンバーによる「板チョコアイス大喜利」が幕を開けます。 「こんな『板チョコアイス』は嫌だ」「『板チョコアイス』の新しい食べ方 いったいそれは?」というお題に、戸塚さん、五関さんらが次々と応じますが、円楽師匠の評価はなかなか厳しく、ダメ出しされてばかり。そうしてメンバーがあれこれ答えている最中も、相変わらず塚田さんは「『板チョコアイス』こわいよ~」と耳をふさいでいます。CMキャラクターに選ばれたにもかかわらず、なぜか「板チョコアイス」に拒否反応を示す塚田さん。このままではCM撮影ができないと判断したメンバーたちが最終的に取った行動と、それに対して塚田さんが見せた意外なリアクションとは果たして……!?

出演:A.B.C-Z 三遊亭円楽

CMレポート

A.B.C-Zのメンバーが全員ノリノリで臨んだ大喜利のシーン。 円楽師匠から出されたお題に、噺家に扮したA.B.C-Zのメンバーが答える大喜利シーンでは、司会役の円楽師匠が発した「滑ってるよ」「ピントが合ってない」「天狗だね」「まだまだひよっこ」という言葉が次々と現実になって、実際にメンバーの身に降りかかるという演出がポイントです。本番中はその場の状況に応じて、アイドルらしいクールなポージングや、バラエティー番組などで磨かれたコミカルなリアクションを次々と披露していたA.B.C-Zのメンバー。時には大爆笑あり、拍手喝采ありと、現場は大いに盛り上がりました。そして、メンバーそれぞれの魅力を存分に引き出し、時には厳しく、時にはユーモアを交えながら、絶妙の間合いでフォローしていた円楽師匠。生き生きとした表情で大喜利を楽しむメンバーに、やさしく温かい眼差しを向け、微笑みながら見守る姿がとても印象的でした。

  • Check