潤いキープタブレット

加齢とともにだ液の量と質が低下

知っていますか?だ液の抗菌効果!
だ液には、ラクトフェリン(LF)やラクトパーオキシダーゼ(LPO)、リゾチームなどたくさんの抗菌成分が含まれていて、歯周病や口臭を引き起こすバクテリアの繁殖を抑えてくれます。良質のだ液でお口の中がいつも潤っている状態が理想的な口内環境です。

だ液量の減少をセルフチェック!

潤いキープタブレットは「」と「」に着眼

だ液の質と量を意識しましょう
年齢とともにだ液の分泌量が減少してしまう事があります。またそれに伴い抗菌力も低下してしまいます。そこで何らかの方法でだ液腺を意識的に刺激することによって、良質なだ液の分泌を促進することがとても大切です。なお、お口の口腔の乾燥は、加齢だけでなく、ストレスや服薬、シェーグレン症候群をはじめとする、さまざまな病気などによっても引き起こされます。緊張している時や薬を飲んでいる時に、口がカラカラになることがあるのは、だ液の分泌が抑制されてしまっているからなのです。

お口に潤い新習慣!「潤いキープタブレット」

潤いキープタブレットは、ジェルやスプレータイプの保湿剤とは違い、携帯に便利な形状ですので気軽に使用できるのが特徴です。成分として含まれる、ラクトフェリンやラクトパーオキシダーゼが抗菌作用を発揮し、失われただ液の大切な機能を補ってくれます。また発泡成分が「口の中がねばねばする」「口の中が気持ち悪い」などの症状を緩和してくれます。さらに程よい酸味がありますのでだ液の分泌を促してくれる作用があります。潤いキープタブレットを使うことでお口の環境を整える効果が期待できるのです。

「潤いキープタブレット」はオーラルケアの新習慣!