HOME > 採用情報 > ダイバーシティ

ダイバーシティ

多様性に富んだ組織作りへの取組み 〜ダイバーシティの推進〜

「ダイバーシティ」とは直訳すると「多様性」という意味です。 組織の中には、性別や国籍、障害の有無等の外的な違いから、 価値観や職業観、家庭環境などの内的な違いまで存在しています。 森永製菓がダイバーシティを推進する目的は、社員の持つそうした外的・内的な多様性を尊重し、受入れ、積極的に活かすことによって、イノベーションを生み出し、変化しつづけるビジネス環境や、顧客ニーズに対応できる、強い組織を作ることにあります。そのためには、社員一人ひとりが能力を最大限に発揮し、意見を出し合い、お互いに高め合うことができる環境をつくることが重要だと考えています。

さらなる女性活躍推進への取組み

森永製菓では、2001年に「女性が能力を発揮し、活躍できる組織をつくる」という経営目標を掲げ、女性活躍推進をスタートしました。
以降、育児関連諸制度の拡充を中心とした「両立支援」によって、女性社員が長く働き続けられる環境が整えられ、現在では男女間での勤続年数の差はなくなりました。
2009年からは「両立支援」に加え、女性社員のキャリア観の醸成や職域の拡大による経験値の蓄積、上司(管理職)の意識啓発などの「活躍支援」を通じて、管理職など、経営の意思決定に携わる人材の育成に重点を置いて取り組んでいます。
2017年4月には、当社初の女性執行役員及び関係会社社長も誕生し、女性の職位者も着実に増えてきています。

障がい者雇用の促進

森永製菓では、一人ひとりの違いを尊重し、それぞれの資質とスキルに合わせて活躍できる場を提供する、という方針のもと、製造部門や営業部門、総務・経理などの事務部門に至るまで、様々な職場で障がい者がその能力を発揮しながら活躍しています。
2018年4月に障がい者の法定雇用率が従来の2.0%から2.2%に改定されますが、今後も積極的に採用を行い、法定以上の雇用率を維持していきます。

イノベーションを生み出す仕組み

森永製菓では、社員一人ひとりの多様なアイディアを活かし、イノベーションを生み出すための取組みを毎年実施しています。

■発明やチャレンジングな行動に対する社長賞表彰

発明・発見・考案等により、会社に対して大きな有形の利益をもたらした社員(チーム)や通常の努力や発想では成し得ない目標に対して、チャレンジングな行動を発揮することにより目標を達成し、成果を上げた社員(チーム)に対して、社長自らが審査し表彰する制度です。

■新領域創造事業部の新設

2014年より、新規ビジネスに特化した「新領域創造事業部」を新設しました。ネットビジネスをはじめ、既存事業の枠を超えた新たなビジネスの種の発掘、試行、育成を加速し、新規のビジネスモデルの創造を目指しています。

PAGE TOP