森永のお菓子レシピ
森永のバレンタイン
ラッピング&カードはおまかせ
バレンタインレシピ
バレンタインデーの由来は、古代ローマ帝国までさかのぼります。 紀元3世紀、キリスト教が公認されていない頃、ローマの司祭だった聖バレンタインは、貧しい人や子供達、病人などから大変慕われる、深い愛情の持ち主でした。 この頃のローマ皇帝は兵を強くするために兵士の結婚を禁じていましたが、バレンタインはこれに反対して、 ひそかに多くの男女を結婚させていました。 これにより皇帝の怒りに触れてしまった聖バレンタインは、2月14日に殉教してしまったそうです。

このお話と、

ローマにあった「若い娘達が自分の名前を書いた紙をカメの中に入れて森に運んで、 それを青年達がひとつずつ紙を選び、選んだ紙の相手の少女と結ばれる」という風習が結びつきました。 その後496年、ローマ法王が2月14日をバレンタインデーと定めました。 皆に慕われた聖バレンタインが後に愛の聖人と呼ばれ、彼の名前そのものが「愛のシンボル」となった所以でしょう。 それがローマの軍隊と共にヨーロッパ全土に広まり、中世になると商業の発展と重なってアメリカ大陸をはじめとする世界各地へと渡っていったのです。 そして今、日本でも、老若男女問わず、楽しみにしている日になっています。

1956年
イギリスの女性週刊誌で「バレンタインデーの風習」という記事を発見。
1959年
12月
以前発見した「バレンタインデー」の認知度を調査する。 わずか3%の人しか知らなかった。
1960年
1月
1月から2月まで、<バレンタイン・ギフト・キャンペーン>企画を立案。
1960年
1月〜 2月
各新聞中央紙、地方紙、各週刊誌にて、バレンタインデーの広告を展開。これにより、「バレンタインデー」が世間に広く認知された。
1960年〜
1965年
4年連続して「森永チョコレート バレンタイン・ギフト」懸賞を展開。1961年20万通の応募、1962年42万通の応募があったとの記録が残されています。
←Back