あなたもきっと言ってしまう?「これはグミじゃない!」

“ひとつぶくだものグミ”は、自らグミと名乗りながらも、「グミらしくない」と言われてしまうお菓子です。
「グミ」と聞いて想像する食感を、味を、裏切るそうです。
それはけしからんのではないか!

でも「これはグミじゃない!」と言いながら、なぜか笑ってしまうとか。
それは、シャリシャリ・シャキシャキな新食感が…まるで本物の果物だから!

一口食べれば、あなたもきっと言ってしまうはず。
「これ、グミじゃない!(笑)」
美味しい、楽しい、裏切り。あなたも体験してみませんか?

商品情報

ひとつぶくだものグミ <パイナップル>

シャキシャキ食感!グミじゃない!!

根強い人気のパイナップル味。
まるで本物のパイナップルを食べているような新食感。
シャキシャキな歯ごたえと、ジューシーな味わい。
美味しい!
けど、やっぱりグミじゃない…!!

人気ブログ「真顔日記」の上田啓太が贈る「グミ恋愛物語」

グミって言ってたのに・・・グミじゃないじゃん!!

もうグミとの恋愛では幸せになれない…と思っていた「私」。
私にとって大事なのはなに?一緒にいて幸せなのは誰!?
3人のグミ男子に揺れるグミ好きOLのラブストーリー、という壮大な妄想のお話。

 森永製菓が新しくグミを出すらしい。

「ひとつぶくだものグミ」というそうだ。

 それで私のところに広告記事の依頼が来たんだが、正直、私に言われても困る。私は30すぎの男である。日常的にグミを食べなくなって久しい。どちらかといえば、酒を飲みながら柿ピーを食べている。そんな男にグミと言われても困る。

続きはコチラ

著者/上田啓太

京都在住のWEBライター
石川県出身。京都大学工学部卒。20代後半を女性宅の居候として過ごす。
ブログ『真顔日記』で、aikoや女性の恋愛妄想を中心とした記事が人気を博す。