チョコレートが白くなっていますが大丈夫ですか。
チョコレートに含まれているココアバターは、28℃前後で溶けはじめ、さらに温度が上がると分離してチョコレートの表面に浮き出て、それが冷えて固まると白くなります。

このことを『ブルーム現象』といいます。

召し上がっても害はありませんが、風味が低下しており、チョコレート本来の美味しさをお楽しみいただけないと思われます。