• トップ
  • ニュースリリース
  • ココアで「便通および便臭を改善」 ココア摂取により、おなかの調子を整え、お通じの気になるニオイを軽減する可能性が確認されました。 第22回 日本食物繊維学会学術総会(2017年11月25・26日)で発表

ニュースリリース

ココアで「便通および便臭を改善」
ココア摂取により、おなかの調子を整え、お通じの気になるニオイを軽減する可能性が確認されました。
第22回 日本食物繊維学会学術総会(2017年11月25・26日)で発表

印刷

2017年11月06日

 森永製菓株式会社(東京都港区芝 代表取締役社長・新井 徹)は、1997年よりココアの機能性について研究を重ね「冷え性抑制効果」、「抗インフルエンザウイルス効果」など様々な研究結果の発表を行ってまいりました。
 この度は、さらに研究をすすめ、特に高齢化社会向けた取り組みとして『ココア摂取による便通便臭改善効果』を確認し、その結果について11月25・26日に東京で行われる日本食物繊維学会第22回学術集会で発表いたします。
 

詳しくはPDFをご覧ください。

ニュースリリース一覧へ戻る